スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚を負傷したベトナムのゾウ、密猟反対のシンボルに

Bon

画象は「よこはま金沢動物園」のボン。牙の素晴らしさで有名なオスゾウくん。彼のような立派な牙を持つゾウたちが一体、何頭、犠牲になっていることか。「牙は僕たちのものだぞう!!」

先日、ハノイ・サーカスに引き取られた1頭のゾウについてのニュースがベトナムの新聞で話題になりました。

Kham Bunという名のそのゾウは2006年、ベトナム中部にあるタクラク省の高地で、密猟者が仕掛けた罠にかかった時、脚に傷を負ってしまったのです。

密猟者は脚の治療を行おうとしましたが回復せず、レンジャーに保護されました。その後、ベトナム政府による命令で、ハノイ・サーカスがKham Bunを引き取ることになりましたが、芸はもちろんできませんでした。

その後、2007年に負傷した古傷が開いてしまい、前脚を切断しなくてはならないと言われてきました。ところが、開いた傷口を広げ簡単な手術を行い、異物の有無を調べれば脚の切断は必要ないことがわかったのです。

Kham Bunが(生命力の)強いゾウだということも切断は必要なくなった理由のようです。

ベトナムの新聞はKham Bunについて報道すると共に、ゾウの食べ物や治療費の寄付を呼びかけました。ゾウ専門の治療医はハノイからKham Bunが保護された場所であるフォンドン(少数派民族の住むゾウ使い村)に出向き、治療を行っていきます。

国際自然保護連合によると、20年前にベトナムの森に生息するゾウの頭数は、1,500~2000と言われてきましたが、現在はなんと150頭しか残されていないことがわかりました。

先日、タイのゾウ密猟の話題を載せましたが、こちらは観光向けのゾウを捕らえることが主な目的でしたよね。

ベトナムではここ数年、違法象牙の取引の需要が高くなり値上がっています。そのことがインドシナ一体に生息するゾウの命を脅かしているようです。野生動物取引監視ネットワークが約700店舗を対象に調査したところ、その11%の店舗で象牙商品2,500あまりが販売されていました。象牙の出所はラオス、ベトナム、カンボジアだったそうです。

Mayaは以前、ベトナム少数派民族とベトナムのゾウに詳しい方とお話する機会がありました。その方によると、少数派民族は貴重と考えるベトナム政府は彼らを保護しているため、ゾウについての違法行為にあまり口出しすることができないそうなのです。

そのような例の一つとして、お話してくださったことがあります。

まだ母親から引き離してはならない年齢の子ゾウを連れて来てしまい、数日後には死なせてしまったそうなのです。ゾウと共存し、そして数少ないゾウだとわかっているのに、なぜそんなことをするのだろうと、とても残念に思った、とおっしゃっていました。

ここにもまた悲しい矛盾があります。

日本語のニュースはこちらから。
↓↓
http://mainichi.jp/select/world/newsinbrief/news/20090515reu00m030001000c.html

今日の記事の出所元となった英語のニュースはこちらをご覧ください。
↓↓
http://www.planetark.com/enviro-news/item/52889
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。