スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオビットカンムリテナガザルの赤ちゃん誕生

去年、ほぼ絶滅すると考えられていたテナガザルの保護に希望が持てそうなニュースが届きました(2009年2月13日付英ガーディアン紙)。

中国とベトナム国境で「カオビットカンムリテナガザル」の赤ちゃんが誕生しました。去年、同じ場所で発見された個体の赤ちゃんです。このテナガザルは「絶滅危惧IA」に登録されており、約110匹しか生存していないと言われている大変、貴重な動物です。

赤ちゃんの性別はわかりませんが、オスの場合は大人に成長すると毛が黒くなり、メスだったら母親と同様に金色の素晴らしい毛並みの持ち主になるでしょう。

絶滅が危惧されている類人猿の1種類ですが、体の大きさに対してテナガザルの特徴である長い腕を持ち、1度、聞いたら忘れられない鳥のような鳴き声を持っています。

このニュースを届けてくれた「フローラ・ファウナ・インターナショナル」は、カオビットカンムリテナガザルを始めとする野生動物の生息地である森の森林伐採を抑制するため、地元住民との協力を行っているそうです(終わり)。

シロテテナガザルの鳴き声をMayaは動物園で聞いたことがありますが、木々を飛び移るカオビットカンムリテナガザルたちの姿を見ながら改めて鳴き声を聞いていると、とても神秘的な気持ちになります。

鳴き声も聞くことのできる動画、エサの取り方を母ザルから教えてもらっている赤ちゃんの姿はこちからご覧になれます。
↓↓
http://www.guardian.co.uk/environment/blog/2009/feb/13/cao-vit-gibbon-baby-photo

フローラ・ファウナ・インターナショナルの活動を知りたい方はこちらからどうぞ。
↓↓
http://www.fauna-flora.org/

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。