スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン、テムズ川にタツノオトシゴ

2012年、夏季オリンピックの開催地として話題のロンドン。

開催時のためにも、テムズ川の水質管理を徹底して行いたいとみられる英国環境庁ですが、その環境庁からの発表が話題になりました。

なんと、あのテムズ川でタツノオトシゴが発見!

場所はグリニッジ周辺。今年のロイヤルウエディング時、大勢の人で賑わったウエストミンスター地区からわずか5マイルの場所。

発見されたのは、Hippocampus Hippocampusと呼ばれる種。
15センチの大きさにしか成長せず、主な生息域は、地中海やカナリヤ諸島と言われているものの、英国海域、さらに汽水域にも侵入するため、テムズ川河口で遭遇することもあるそう。今回、発見されたのはまだ若い個体で、繁殖場としてグリニッジ水域を選んだのではとのこと。

例にもれず舌をかみそうな正式名を持つ、このタツノオトシゴちゃん。
どんな姿をしているのでしょうか?

ロンドン動物園からもコメントと動画がUPされているのでご覧ください♪
↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=A3XJF-uY8SQ

さて、長きに渡り深刻な水質悪化が問題視されていたテムズ川ですが、環境庁が地道な調査を定期的に行ってきました。1958年の調査では、壊滅した、と言われていた生物が、東に位置するグリニッジ地域から西に位置するキュー地域に再び戻ってきて、現在は数を増やし続けているとのこと。

昨年には、水質管理による劇的な改善が評価され、「The International Theiss River賞」をめでたく受賞。

タツノオトシゴは絶滅が懸念されている種。
漢方薬やペット、お土産用の飾り物目的の乱獲がその原因と言われていますが、さらに生息域が、サンゴ礁や海藻の間、あるいはマングローブの湿地帯であるため、開発や環境汚染に影響されやすいから。

しかし、水質改善されたテムズにまで生息域を広げ、定期的に訪れることができるようになったとは、よい兆しと言えましょう。

本記事の詳細は以下をご覧ください。
↓↓
http://www.independent.co.uk/environment/nature/from-the-tropics-to-the-thames-seahorses-discovered-in-london-2367367.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。