スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアゾウはな子の処遇を巡る妙な違和感

TS3Q0038.jpg

5月末、ある大雨の日。お茶タイムのお茶で水浴びを始めたはな子さん。その後、飼育の方々がバケツいっぱいのお湯を数十回、運びました。バケツをお鼻でポンポン叩いておかわりを要求するはなちゃん。背中からは湯気が立ち、またたく間に湯煙り(?)美人に。

他にも記事にしたいことがあるなあ、と思いつつ、やはり今回もはな子さんについて書かずにはいられません。

この数か月、はな子さんを冷静かつ、慎重に観察し続けてきました。

いろいろな情報が自然な形で入ってくる中、園から開示された情報も含め深く考えながら、記事を書いてきました。

ネット上ということもあり、いろいろな意味で書けないことも多々あります。
まさに「王様の耳はロバの耳」状態。

その後、現場の方々との関係は良好。制約の中での愛情と努力はきちんとはな子さんに伝わっていることは確かである・・・ような状況ではありますが・・・

何か、しっくりこない妙な違和感がある。

それは、ズーネットに掲載された、「アジアゾウはな子の近況[3]」を読み、さらに増大させられました。

大勢の人々があれほど問い合わせをしたにも関わらず、なぜ今頃・・・しかも前任者の否定とも取れぬ書き方は、今までのズーネットではありえない話です。

個人攻撃と受け止められる危険性もあるので、深くは追及しませんが、なんだか裏の意図を感じてなりません。素晴らしい職人技を持つベテラン飼育の方々が、こんな誤解を招くような文章を載せなくてはならないほど、はな子を気にする人々の信頼を得なければならない理由は何なのか?

ものすごい違和感です。

この率直な感じ方を、敏感すぎるんじゃない、ちょっと違うよ、と受け止める方もいらっしゃるかもしれませよね。

まだまだ不安定な状況に置かれているはな子さん。

今日は幸せ気分を味わえたかと思ったら、次の日には本当にさびしい一日を過ごさねばならず、ある瞬間、ふと過去の嫌な記憶がよみがえらぬとも限りません。

以下、冗談半分、本気半分。

もし、「はな子裁判」なるものがあるならば、長きに渡る証拠分析をもとに、人の言葉を話さぬはな子さんに代わって弁護したい気分です。

このはな子さんの一件以降、タイの大自然に囲まれたエレファント・キャンプを思うと、エンリッチメントなる言葉ももはや、空々しく感じてしまい悲しい限り。

最後に、爪や皮膚については問題なかったとのことで、ホッとしました。

追記:
本件につきましては、はな子ファンの方々と共に初期段階から発していた声がやっと届いたこと、そして多方面の方々のはな子さんに対する想いが実りつつあるようです。その小さな変化は、ロックコンサート時の園の方々の対応に始まりました。その後、質問箱の設置、そして5月の終わりのお湯浴びなど、飼育現場の方々の努力をしかと感じることができただけでなく、7月になった今、はな子さんからは以前のような寂しい様子は感じられません。これからは笑顔のはな子さんの様子をお伝えできることを心から願うのみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。