スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアゾウはな子 余生の幸せを願う人々の反響いかに?

来園者からの意見、質問、要望などを受け、はな子さんのお部屋の中に「飼育係への質問」箱と掲示板が設置されたようです。

しかしながら、園からの返事や対応は変わらず、来園者が素直に納得できる内容でないことが現実です。

また、引き続き更新されたズーネット、アジアゾウはな子の近況[2]を読み、申し訳けないけど、どこかの国の政治家さんたちがやっていることとタブさせてしまった方も多いのではないでしょうか?

しかも、掲載された画像はなぜか、ご本人たちのバナナパフォーマンスの様子・・・。

朝の準備に手間がかかること、そして間接飼育移行(なぜか、準間接飼育と呼び名が変わっている)に伴う施設改修の必要性も記述されていますが、来園者から見ても疑問に思います。

第一に、改修工事がもたらす音や臭いが、4月以降にガラリと環境が変化したはな子さんのストレスにならないか?第二に、若い個体ならともかく、高齢のはな子さんにとって準間接飼育(定義コロコロ変わる)なるもので、今まで通りのケアができるのか?

事実、ちょっと前からのはな子さんを見てこられた方が、今のはな子さんに会ったときの率直な感想は、「寂しそうだけど大丈夫?」、「なんか、はな子さん汚くなった」(←はなちゃん、ごめん。美人が台無しだね)です。

また、過去、人事異動や工事の後にはな子さんがストレスをためたことや、直接のお世話でないと、特に何かあった時の治療がスムーズにいかず、治癒に相当な時間を要することが、「父が愛したゾウのはな子」にも書かれています。

素人がこんな事まで口出しするのは何かと思いますが、誰が見ても、高齢で明日どうなるかわからないはな子さんに対してあんまりじゃないか、これじゃあ、寿命が縮まってしまう、との声をあげたくなるのではないでしょうか?

何も慣れ親しんだベテランさんをいっぺんに2人も動かすことはなかったのでは?
この件に関してもいろいろな憶測を呼んでいます。

せめて、今まで通りの方法ではな子さんの最期を看取っていただきたい。

改修工事、行われるのでしょうか?
税金の無駄になるような気がしないでもありません。どうだろう・・・?

ただ、はな子さんの余生の幸せを願う来園者やはな子サポーターを納得、安心させていただけるような状況が来ると良いのですが。

最後に1年と数か月前のはな子さんの画像を載せておきます。

2010_02056.jpg

追記:
本件につきましては、はな子ファンの方々と共に初期段階から発していた声がやっと届いたこと、そして多方面の方々のはな子さんに対する想いが実りつつあるようです。その小さな変化は、ロックコンサート時の園の方々の対応に始まりました。その後、質問箱の設置、そして5月の終わりのお湯浴びなど、飼育現場の方々の努力をしかと感じることができただけでなく、7月になった今、はな子さんからは以前のような寂しい様子は感じられません。これからは笑顔のはな子さんの様子をお伝えできることを心から願うのみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

やはり納得できません

ズーネット「アジアゾウはな子の近況2」を見てやはり納得が出来ませんでした。
はたしてはな子さんに対して今後今までとおりのケアはしていただけるのでしょうか。

動物達にとって改修工事の騒音は多大なストレスとなるでしょう。
動物達が居てくれるから動物園が成り立つのです。もちろん飼育員さん達や園を支えているスタッフの方々のご尽力もあるでしょう。それでもやはり動物達が居てくれるから、元気に楽しそうにのびのびとしている姿を見せてくれるからこそ、そこには来客者の大人も子供さんも含めて皆さんの笑顔が生まれるんです。園には動物達の笑顔を守ってほしいです。はな子さんの笑顔を守ってもらいたいです。

Re: やはり納得できません

タイさん、おはようございます。近況2を読んでMayaも記事で書いた通りの気持ちです。
おっしゃる通り、動物が笑顔であっての動物園。

上の方の問い合わせ鎮静対策なのか、飼育員さんの独断なのかはわからないですが、昨日、はな子さんは久しぶりにバケツに数十杯のお湯をもらい、お茶タイムにお湯浴びをさせてもらえました。

本当に満足そうな顔で、お湯がなくなる度にバケツをポンポン鳴らしておかわりを注文していました。もちろん、来園者の小学生の女の子から歓声の声が何度もあがっていました。動物が楽しそうだと、見ている人たちも幸せな気分になるのです。

お湯浴びしたはな子さんは久しぶりにピカピカの美人さんになっていました!!
一緒にお湯浴びしたような気分になりました。

とはいえ、園の今後の対応に期待するのは難しいですね。
その場限りの対応や、誤魔化しに何度もがっかりさせられてきたのですから。
これでは、はな子さんだけでなく、現在、最善を尽くしている飼育員さんたちも振り回されるだけです。

No title

だれにもわからないことを議論するのはやめてください。
はなこにどうゆうケアをしたら最善なのかなんてはなこにしか
わかりません。
それをくみ取れるのは、飼育のヒトだったり園側だけです。
あちら(動物園側)はプロです。
あなたたちは、ただの素人です。
動物を一日中眺めているひとと、仕事で観察しているヒトでは雲泥の
差があります。
それでも、はなこのためになんとかしたいと思うのなら
科学的な根拠を示してください。
感情論では、なんにも解決しません。

Re: No title

とおりすがりさん、お返事遅くなり、すみません。
とおりすがりさんのおっしゃるようなご意見はいずれ出てくることは覚悟の上、記事を書き続けていました。おっしゃる通り、私たちは素人です。いくらよく観察している素人でも、プロの方々の見方とは乖離するのが現実です。今回の件は早期段階から園に会談をお願いしていましたが、残念ながら実現しませんでした。しかし、多方面の方々が協力して声をあげた結果、”質問箱とボード”が設置されるなど、いろいろな進歩がありました。その過程はそれは大変なものでした。現場の方々の努力については冷静に見守ってきましたが、目下、やっと安心できる状況にきています。このことについての報告が出遅れてしまっていますが、近日中にアップする予定です。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。