スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間そっくり?ベルベットモンキーの飲酒行動

今日は気分を変えて、久しぶりに海外発の動物ニュースをお届けします。

カリブ海のセントキッツ諸島でベルベットモンキーの飲酒行動の調査が行われました。対象となったのは1000頭の群れ。その結果、飲酒を行ったときのベルベットモンキーの行動は人間とそっくりなことが判明しました。

行動パターン別にけすると、以下のタイプに分かれます。

<社交的なタイプ>
ほとんどのモンキーがこのグループに属する。フルーツジュースのような甘い飲み物で割ったお酒を好み、仲間同士で飲酒する。昼前には飲まない。

<普通のタイプ>
15%がこのグループに属す。飲み方は几帳面で、甘いものではなく水で割ったものを飲む。

<飲酒行為が固定化されているタイプ>
ちょっと面白いパターン。群れの中で上手に振る舞い良きリーダーでもある。群れを上手く統率し、秩序を保ち優位な立場に立つ。非常に機能的な特徴を持つタイプである。

<大酒飲みタイプ>
全体の5%を占めるのがこのタイプ。人間と同じで若いオスがほとんど。飲み方が早く、すぐに泥酔状態になり、喧嘩をする。この手のタイプを自由飲酒できる環境に置いたら、2,3か月で死んでしまうだろう。飲酒量というより、行動パターン自体が他のタイプと相性が合わない。

<禁酒タイプ>
お酒を少し飲むか、全く飲まないのがこのタイプ。全体の15%を占める。

人間のアルコール依存は遺伝子に関係するといわれているようですが、関連しているヒトゲノムの領域3つには300のゲノムまで含まれているため、「アルコール・ゲノム」の特定にはあと数年かかるそうです。

遺伝子的に近い動物での調査によりいろいろなことが解明するのでは、というのがこの記事に書かれています。

ちょっとここで、動物の飲酒行為の話を。

野生動物も定期的に飲酒を楽しんでいるようです。アフリカでは熟れて発酵した果実を食べ、酔っぱらう、という話がありますし、スリランカではお酒が貯蔵されている小屋をゾウが壊して飲酒するらしいです。

また、飼育下の動物ではチンパンジーのジョーがウイスキーを飲んで、うつ状態を脱し、世の中間管理職のお父さんたちの共感を誘った、という有名な話があります。

ジョーは今は亡き、多摩動物公園で飼育されていたリーダーオスで伝説的な存在。メスの統率がうまくいかなくなったときがあり、軽いうつ状態になりました。

そこで、当時の担当、吉原さんがストレス解消の晩酌を思いつき、蜂蜜を入れ、水で薄めたウイスキーをジョーに飲ませ、話しかけ続けたところ、見事に回復したのです。お酒により不眠が解消されたこと、おしゃべりをすることが心のケアにつながった、と言われています。

にきやかなベルベットモンキーの酒盛りの様子は以下をご覧ください。
↓↓
http://www.guardian.co.uk/science/punctuated-equilibrium/2011/apr/26/1
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

飲酒行動の調査

飲酒行動の調査ですか、とても興味深いニュースですね。
タイプ別に分かれているのが面白いですね!ベルベットモンキーが酒盛りしている動画をみさせてもらいましたが、酔っ払って喧嘩をはじめたりふらふらと椅子から落ちてしまうおさるさんもいたりでまさしく人間の酔っ払いみたいで笑えました(^u^)
あんな素敵なビーチでしたらお酒が進んでしまいそうです(^^)

スリランカでのゾウさんの飲酒ですがゾウさんはお酒が好きなのでしょうか?ベルベットモンキーみたいにお酒を飲むゾウさん(大酒のみタイプとそこそこ飲むタイプ)と全く飲まないゾウさんに分かれているのでしょうか?

多摩動物公園で飼育されていたジョーは飲酒でうつを治したんですね!ストレス解消の晩酌を思いつきそれを実践し見事うつ状態が解消されたという事ですごいな~!と思いました。
お酒により不眠が解消され、おしゃべりをすることが心のケアにつながったんですね。お酒を飲ませるだけでなく話しかけながら心の触れ合いを続けたのもよかったのかもしれませんね(^^)

Re: 飲酒行動の調査

私たちもなんだかんだ言って、しっぽの無いサルなんでそれは似ていて当然と言えるかもしれませんが、改めて見ると笑える動画ですよね~。

スリランカのゾウさんについては、民家に貯蔵してあるお酒を、それが置いてある壁ピンポイントで狙って壊して飲むそうです。ゾウもタイプ別に分かれるのか・・・?スケールがデカすぎて研究調査対象にするにはかなり勇気が必要かもですね(汗)。村が数か所、破壊されそうですが知りたいところですね~。

伝説のジョーについては多摩チンプの歴史を知っているファンの方々ならいろいろなお話をご存じなのでは、と思いますが、吉原さんの著書に詳しく書いてあり、あっという間に楽しく読んでしまいました☆

No title

ぞうのはな子さんは、どうして大事にされないの。お年寄りになったからですか。それともお金もうけのできるパンダさんがほしいからですか。おとしいくほど、ご病気はするし、若さはなくなります。でも宝物です。私は小さい頃、動物園に連れてもらうと、一番最初に、慰霊塔に行き手を合わせました。本当は動物園なんかにこず自然の中に一生をすごせたのに、連れてこられた動物さん達に申し訳ないと思いました。はな子さんの気持ちを思いやって、いただけませんか。言葉足らずでもうしわけありません。どうぞはな子さんの事、動物園のみなさまでお話ししあってあげてください。しあわせな一生をおくらせてあげてください。尊い命です。

Re: No title

田中さま、貴重なご意見ありがとうございます。まったくおっしゃる通りです。戦後のシンボルとしてまだ乳飲み子のはな子さんは母親から引き離されて、この国にやってきました。いろいろあったはな子さんです。後どれくらい生きられるかわからないはな子さんなので、最期まで、穏やかで幸せな日々を送らせてあげていただきたいとお願いする意味も込めて、記事を書かせていただきました。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。