スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の1冊 「父が愛したゾウのはな子」に改めて想う

DSCF1170.jpg

4月1日以降、長年親しんだ飼育員さんたちともお別れし、直接飼育から間接飼育に移行したはな子さん。来園者も幸せな気分にさせる”名物”のスキンシップの機会はほとんどなくなりました。ホースやほうきのオモチャもありません。2年ぶりに再会した飼育員さんと一緒です。ほんの一瞬でも撫でてもらいたくて頭を下げる健気な姿を見ると、「はなちゃん、一人じゃないよ。みんな大好きだからね」、って心からパワーを送らずにはいられません。

「このゾウは、ほかのゾウと違う。同じ尺度で考えたらいけないな」
そう思ったときから、はな子との付き合いが始まりました(著書本文より)。


今回、はな子さんが絶大な信頼を寄せる飼育員2名が離れ、飼育方法も一変したことで、改めてこの「父が愛したゾウのはな子」を読むと、日本の動物園の動物を巡るさまざまな事情について考えずにはいられません。

先日、動物園仲間の先輩とはな子さんを見ていた時のこと。

先輩はゾウがあまり好きではありませんが、根っからの動物好きなので目の前にした瞬間、結局、面白くて丹念に観察をしてしまうという人です。

はな子さんと同じ放飼場で掃除をする飼育の人を見ていたその先輩がこう言いました。

「すごく緊張感があるわね。そう思わない?」

え?

Mayaには一瞬、何を言っているのかよくわかりませんでした。なぜなら、はな子さんの姿をひたすら追い、その時々のはな子さんの気持ちに入り込こんで見ていただけだったからです。

そう、普通に考えるとゾウとは、何をやらかすかわからない怪力の持ち主です。逃げ場のない囲われた運動場や寝部屋という空間をゾウと共有しなければならないことは、常に緊張感がつきまとう。だから間接飼育は合理的かつ人間にも安全な方法として、欧米の動物園で編み出された方式です。

でも、でも・・・。

ゾウの心を知り、すべてはわからないまでも気持ちを常に察し、望むものを与え、悪さをしたときにはしっかりとしかる。スキンシップとたっぷりの愛情。同じ生き物同士として尊敬する心。

Mayaがはな子さんだったら、そんな人間の群れの一員になりたい。

過去、辛い経験のあるはな子さんにおやつをあげる触れ合いイベントの導入や、リスク管理をした上で、寝たきりの少年を寝部屋に招待するなど、これは日本の行政が管理する動物園という組織からすると、実に型破りです。

四六時中、自分の担当動物とどう接したらその動物が楽しく暮らしていかれるかを考えてばかりいる、職人技を持った、そんな飼育魂が息苦しくなるような、今の日本社会全体の傾向と言える閉塞感に動物園も飲まれてほしくない。

この本を読むと、そう強く感じずにはいられません。

近年、動物園では筆記試験が強い新人が採用される傾向があるといわれているようです。そんな中から、昔堅気の魂を受け継ぐ飼育員が育ってくれるといいのですが・・・。

動物たちの笑顔が見たい。動物側に立つ来園者としての願いです。

何度、読み返しても涙してしまう1冊。
↓↓



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

はな子さんの思い

もし私がはな子さんだったら今の状況をすんなり受け入れてやっていく事が出来るだろうか・・我慢強くない私の場合は難しいんではないかと思います。
はな子さんはどういう風に感じ、考え、過ごしているのか。
自分のまわりで起こる様々な事を自分の中で上手く噛み砕き、状況や環境の変化を受け入れようとしているのでしょうか。はな子さんが一番望んでいる事は何か、はな子さんの今の思いは・・
ほんの一瞬でも撫でてもらいたくて頭を下げる健気な姿・・撫でてもらいたいという気持ちがはな子さんの望んでいる事なのではと思います。今までのように触れ合いをもちたいというのがはな子さんが一番望んでいることなのかなと感じました。
mayaさんがおっしゃる「ゾウの心を知り、すべてはわからないまでも気持ちを常に察し、望むものを与え、悪さをしたときにはしっかりとしかる。スキンシップとたっぷりの愛情。同じ生き物同士として尊敬する心。Mayaがはな子さんだったら、そんな人間の群れの一員になりたい。」 ・・私がはな子さんであってもそう思います。
ゾウさんと人間の体の大きさの違いゆえに毎日近くで接するにあたり緊張感を持ちながらお世話をする事は必要だと思いますが・・触れ合う事はやめてほしくない、お互いに尊敬しあう関係でたっぷりの愛情をそそぎながらスキンシップを続けてもらえたら・・
はな子さんの笑顔がみたい、体中で喜びを表現する姿をみたいと思わずにはいられません。

Re: はな子さんの思い

頭が良く、ちっぽけでビクビクしている人間の心理はすべてお見通しのはな子さんだと思いますが、なんといっても高齢ですから・・・。引き続き、みんなで「私たちも群れだから、大丈夫だよ」パワーをはな子さんに送り続けましょうね。そして、心ではなちゃんにたくさん、触れてあげましょうね。今、モリーさんの訃報を知りとても悲しんでいるところです。あの、タフで人生いろいろ背負っていたモリーさんが・・・。はなちゃんも1日1日が大切ですよね。みんなで一緒に応援しよう!!
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。