スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もゾウのためにDr. Samartは働く

Dr. Samartは「Elephants World」のオーナー。タイ政府所属のゾウ専門の獣医師ですが、この施設を個人的に所有、運営しています。青い作業着を着ているのがドクターです。

R0010711.jpg

プラーラーを治療スペースに連れてきました。泥のない場所で、傷口をよく洗浄します。

R0010716.jpg

洗浄に使用されているのは、食塩水。傷口からは悪いものがどんどん流れおち、きれいになっていきます。傷口が気になるんでしょうね。鼻で触ろうとするのでおさえています。

R0010712.jpg

上にゾウ使い少年も乗って、プラーラーの様子を見ています。かなり楽になってきた様子。ドクターも黙々と働いています。

R0010720.jpg

懐中電灯で照らしてチェック。プラーラー、とても落ち着いていていい感じ。

R0010717.jpg

ゾウの治療エリアはこんな場所。小さな小屋にはゾウの薬や治療道具が保管されています。

R0010708.jpg

お別れの前日のプラーラーの様子。具合も良くなってきたようで、とても優しく接してくれました。泥から菌が入るのを防ぐため、しばらくはコンクリートのこの場所で療養するそうです。

R0010901.jpg

今日もドクターたちはゾウのために治療を続けていることでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。