スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばあちゃんゾウのスペシャルごはん

「Elephant's World」のソンクラーンは推定年齢71歳。
目も見えないし、歯もありません。

R0010878.jpg

ソンクラーンのようなゾウや治療中のゾウには特製ごはんを用意します。
それは、もち米を煮たカオニャオ団子。

まずは薪割りからスタート。

R0010836.jpg

ゾウ使いのBoyくんが手にしているのは鉈(なた)。
慣れないとうまく使えません f^_^;
ブッシュナイフとして使われている鉈は、サトウキビ刈りや、ゾウの餌を切り刻む時などに使います。

R0010841.jpg

所要時間は約1時間。
塩を適量入れたら、焦げ付かないようひたすらかき回し続けます。
日本だったら気の長い作業も、ここ「Elephant's World」ならのんびり、楽しく♪

R0010610.jpg

肩がこったらコー(ゾウ使いが使う調教棒)でツボ押し・・・

R0010624.jpg

なんて馬鹿なことをやっているうちに出来上がり★

ビタミン剤を2種類入れて、よく混ぜます。

R0010623.jpg

直接、口にお団子を入れてもらい、
バット2つ分のスペシャルごはんをきれいにたいらげたソンクラーン。
リラックスしてます。

R0010882.jpg

優しいソンクラーン。
いつまでも元気で、
長生きしてね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

ソンクラーンは幸せですね。
老人地獄になりつつある日本よりずっとずっと幸せですね。
お世話する人たちに感謝感謝です。

Re: No title

卑弥呼さん、こんにちは。
「老人地獄になりつつある日本」。社会制度的にも社会的立場や関係でも老人地獄です、この国は。Mayaたちがおばあちゃんになるころは、冗談抜きで若者たちに虐待されていそうです(^_^;) タイ人社会もゾウの社会も長老は尊敬されていますが、これからもその文化が崩れないでいてほしいです。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。