スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Elephants World」、生き物本来の力をくれる場所

「Elephants World」には電気・水道が通っていません。

飲料水以外の生活用水はすべて目の前に流れる川の水を使います。

R0010732.jpg

そのため、川の水が引いている時間帯には蛇口から水が出なくなってしまいます。タイのバスルームではよく見かけますが、そんな時のため、大きなカメやバケツなどに水をたくさんためておくのです。

電気はソーラーパネルを利用しています。日照時間が短い日の夜は突然、停電するので懐中電灯は必需品。

宿泊用の小屋は当然、すべて高床式。毎日、おじさん達が新しい宿泊施設をのんびり建てていました。

完成予定はあってないようなもの。毎日少しずつやっていれば、いつか完成、そこがタイ。

Satochaangに案内され、一緒に泊まった小屋。これがとても素敵でした。これは小屋の入口を中から見たところ。もちろん、ドアはありません。

R0010739.jpg

すぐ目の前には川が流れ、向こう岸は野生動物の宝庫。小屋のラウンジ部分には空気や視界を遮る壁が一切、ありません。小屋は小屋ですが、まあ、半分、外で寝起きするみたいなものです。

R0010738.jpg

一応、ベッドには蚊帳がつられています。これがないと、虫がたくさん寄ってきて大変なことになりますから。

Mayaたちは被害にあいませんでしたが、Satochaangはどうも虫に好かれるらしく、足の裏まで蚊に刺された・・・と言ってました。

R0010736.jpg

目の前の川に野生ゾウが水を飲みに来る・・・そんな話を聞き、淡い期待を寄せていましたが、とうとう会えませんでした。その変わり、宿泊初日は満月を見ながら、ジャングルの音を子守唄に眠り、朝は素晴らしい朝焼けで目覚めました。

R0010741.jpg

昼間はゾウのために汗を流し、お腹が空いたらたくさん食べて、暗くなって疲れたら眠り、朝、日の出と共に起きる日々・・・。人間も動物。生物として本来の姿に戻ることにより、みるみる元気になるのです。

病気のため不眠になっていましたが、それも劇的に改善。

いろいろ不便はあるものの、タイの気候風土にぴったりのこの家は、生き物としての人間を健康に導く、「風水」的に完璧と言える気が流れているのかもしれません。

こんな家では犬も猫も出入り自由。

R0010907.jpg

Mayaたちの番犬になってくれ、必ず奥のベッドで寝るモーモーの寝言を初めて聞いたときは、人間の声かと思いました。本当にしゃべろうとしているような声を出すのです。人間と話している夢でも見るのかな??

しかし、この寝言のおまけつきで毎晩、快眠でした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

 Mayaさん、久しぶりにお邪魔したらすご~い所に今いらっしゃるのですね。
卑弥呼もかなりすごい所に泊ったことがありますが、ここまでワイルドな所はしりません。ボルネオの川の上流のジャングルに住む元首狩り族でも、ロング・ハウスに住んでいてMayaさんの写真で見る家?よりかなりましでしたよ。トイレが川の上にあり自然の水洗トイレになっていたのには驚きましたが・・・・。
そんな自然に抱かれて大好きな象さんに触れて、もう病気はすっとんだでしょうね。卑弥呼は来年の1月のタイ行きの航空券をもうゲットしていますが、何処にいくかは決めていません。
またアドバイスお願いします。
大いに楽しんで下さい。
マラリアとデング熱には気をつけてくださいね。

Re: No title

卑弥呼さん、お久しぶりです。
ここ2週間ほど忙しかったのですが、金曜日からまた症状が出てしまい休んでいました。
実はもうとっくに帰国しているのですよ。ここに滞在したのは2か月前のことで、今、ゆっくりとタイ情報をアップしているところだったのです。でも、ここで1年くらい暮らしたら病気も治るんだろうなあ、と思っています。本気で移住したいなあ・・・。
卑弥呼さんのボルネオの「元首狩り族」の家に滞在・・・っていうのはすごい話ですね。でも、Mayaの泊まったこの家は流水は手動ですが、ちゃんと西洋式の便器もありましたよ。生活用水はゾウのウンチが流れる川ですがね(笑)。
年明けにタイに行かれるとの事。すごくうらやましいです。もし、カンチャナブリーに行くのでしたら情報お伝えしますよ。ただし、英語も多少しか通じないので不便が多いと思いますが、欧米人のボランティア滞在中でしたら助けてもらえるし、satochaang(ole)の友達の友達(私の名前)を言ってくれればよくしてもらえるんじゃないかと思います。チェンマイの方のキャンプでも私の名前を言ってもらっていいですよ。

No title

 もう帰られていたのですね。
でも、また病気が再発したとお聞きして心配しています。
>本気で移住したいなあ・・・
ぜひ、そうして下さい。
一生のうちで1回は海外生活を経験するのもいいことだと思います。
卑弥呼は日本にいて何の問題もなかったけれどただ日本以外の国に住んでみたいという単純な目的でフィリピンへ住んで8年にはいりました。今も窓から咲き乱れる熱帯の花に鳥が集まり、それを見ているだけで心が安らぎます。
ぜひぜひ実行してくださいね。

Re: No title

卑弥呼さん、こんばんは。
初めてお会いしたスリンのゾウ祭りから早いもので、1年経ってしまいましたね。

そうなんです。非常に残念ながらもうすでに東京の生活に浸かっています。Satochanngも同行した友達もMayaもみんな自然の中での生活が向いているので、3人して死んでます(苦笑)。

今回の症状ぶり返しのことで、この病気は環境をガラリと変えない限りはこれ以上よくならないんだと、改めて感じました。

20代後半から30まで英国で暮らしましたが、まさかこの年齢になってタイとご縁ができ、タイ語まで勉強することになるとは予想外でした。卑弥呼さんの人生はもう、非凡としか言いようがありませんが、人生、何が起こるかわかりませんよね。本当にサプライズであふれています。移住計画、実現できるよう、心に強く誓って今夜も眠りにつくことにします。

No title

 もう1年もたってしまったのですね。
スリンの象だらけの町が懐かしく思い出されます。サトウキビをおねだりする小象さん、必死でお客を確保しようとがんばるお父さんが目に浮かびます。
 そうでしたね、Mayaさんは英国での生活があったのでしたね。
でも、動物園にしか象さんのいない先進国よりじかにこの手で触れられる象さんのいる生活ができる国は全く別の世界で人間一生に一度は文明から逃避するのも自分を見つめるいいチャンスだと思いますが、それは難しいことですよね。

Re: No title

卑弥呼さん、
今回の旅では先進国からやってきてゾウ保護活動のため、キャンプに住み着き、家族を持っている人にも会いましたが、生半可ではできないことだと改めて感じました。また、環境保全などの仕事は(まあ、なんでもそうですが)中途半端な気持ちではできませんよね。たとえば、普通の人はマラソントラック100周すれば、”良く頑張った”、ってことになりますが、このような仕事は何百、何千周して、やっと人の心を動かすことができるんだと思いました。”本気”でやる覚悟が必要ですよね。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。