スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Elephant's World」、ついに到着

バンコクからバスで約2時間、タイ西部、ミャンマー国境沿いにカンチャナブリーという町があります。観光地として人気があり、郊外には動植物の宝庫、サイヨーク国立公園があります。

しかし、今回の目的はもちらん、観光スポットでもなければ、動物好きは一度は行ってみたいサイヨークでもなく・・・

そう、我がゾウ友、Satochaangが深く関わる”老ゾウの家”、「Elephant's World」です!

南バスターミナルからミニバス(飛ばす、飛ばす、すごく早い!)に揺られ、あっという間にカンチャナブリーに到着。駅からSatochanngの友達にピックアップしてもらい、車は町中を抜けどんどん山奥に・・・

そこにはチェンマイの山とはまったく違う景色が広がっていました。

DSCF0949.jpg

ひたすら一本道を走っていくと、見えてきました、お目当ての表示が。
タイ文字で「Baan choo chaang charaa」と書かれています。

DSCF0955.jpg

そしてついに入口が。
なんていいところなんだ~。
みんなの気分が一気に盛り上がります。

DSCF0953.jpg

さらに広大な土地をぐんぐん進むと、左手にゾウの治療をする場所が見えてきました。

DSCF0956.jpg

そして、Satochaangと待ちに待った感動の再会を果たしたラウンジに到着。

ここは、お客さんがゾウに餌をあげたり、食事をしたりする場所ですが、室内アンテナ付の小さなTVもあり、ゾウ使いの憩いの場所でもあります。

夜にはたくさんの頭がTVの前に並び、電波が悪いとアンテナを手で持ってあちこちに動かし・・・

この懐かしい昭和初期の雰囲気に思わず、ふふっ、と笑いがこぼれました(注:Mayaは昭和初期の生まれではありませんよ~)。何を夢中で観ているのかと思ったら、日本未公開、トニー・ジャーの「オンバク3」でした。

R0010764.jpg

この施設で暮らすゾウは全部で6頭。みんな、夕方から翌朝まで山の中で自由に過ごしますが、日中はこんな風にゾウ使いの目につく場所で世話をしてもらいながらくつろき、お客さんと触れ合っています。

広大な敷地内には高い木もたくさんありましたが、、なんと!夜、泥棒に入られほとんどなくなってしまったそう。本当にとんでもない物を簡単に盗んでいくやつがいるところがタイらしい。

R0010609.jpg

さて、ここではどんな日々を過ごしたのでしょうか?
そして、どんなおばあちゃんゾウがいたのでしょうか??

続きはまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。