スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアゾウ「ウメ子さん」の命日の後で

ちょうどタイへ出発する数日前の9月17日は、昨年亡くなった小田原城のウメ子さんの命日でした。残念ながらMayaは訪ねることはできませんでしたが、その日、ウメ子さんの家を訪ねたゾウ友達からちょっとだけお話を聞くことができました。

お城の横に建っているレトロなゾウ舎。

戦後、母ゾウから引き離され、海を渡ってやってきたゾウの象徴であり、ウメ子さんがほとんどの人生を過ごした「お家」ついては、Maya以外にも残してほしい、と思っている人は多いと思います。

実際、ウメ子さんに親しんだ子供たちがゾウ舎取り壊しをやめてほしい、との署名を小田原市役所に提出したらしいのですが、受理してもらえなかったそうです。残念だと言うより悔しいという思いが込み上げてきます。

あの場所にウメ子さんがまだいるような「気配」を感じている人も多いのではないでしょうか?

あの場所がなくなったらウメ子さんの行くところが無くなってしまうような、そんな気がする人もいるのではないでしょうか?

9月25日に開催された「第4回小田原映画祭シネマトピア2010」では、ウメ子さんの歌が披露されたほか、「小田原城のウメ子さん~ファンが残してくれた宝物」が上映されたそうです。
↓↓
http://news-online.jp/archive.php?category=7

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

mayaさん、お久しぶりです。
お身体の調子はどうですか。
タイのキャンプでゾウさん達と一緒に過ごされたようですね。
美しい朝焼けで目覚め、夜はジャングルから聞こえる鳥たちの鳴き声を子守唄にし、隣のベッドでは勝手に出入りする犬や猫が眠り、そして、時折、聞こえるのはゾウたちのおしゃべり・・自然に包まれ自然と共存しているという感じですね。とても大切な事だと思います。
ゾウキャンプの画像を見せていただき、私もその中に引き込まれるような感覚になりました(是非引き込まれたい(^^♪)
実は私も治療していかなければならない事がありまして少し悶々と過ごしていました。でもタイキャンプのゾウさん達のスマイル、特にファーマイちゃんの元気いっぱいな様子にほぐされ癒されましたし力づけられました。ゾウさん達の持つ神秘的な力(癒したり力づけたりする)はすごいなとあらためて感じました。
傷ついたゾウさん達も心がほぐれて癒され、これからものびのびと仲間達と過ごしていってほしいです。

ウメ子さんの命日、私もウメ子さんの家の前にお花をお供えさせてもらいました。日本に来てから60年も暮らしたマイホーム、ウメ子さんにとっては一番落ちつける場所。私もウメ子さんがまだあの家に住んでいるのでは、あの家がなくなってしまったらウメ子さんが行き場を失い悲しむのではとどうしても感じます。いろいろな事情があり現実は難しいのかもしれませんが、署名を出した子供達と同様にウメ子さんのファンの一人として私もどうかあの家を残してもらえたらなと強く願っています。
小田原映画祭、行ってきました。ウメ子さんの映像に涙がほろりときましたが、かわいらしくて賢くてそしていたずら好きでチャーミングなウメ子さんの映像にまた癒されたし勇気や力をもらいました。ウメちゃん、いつもありがとう!これからもよろしくね!とウメ子さんに感謝しました。




Re: No title

タイさん、お久しぶりですね。

タイさんのお体のことをコメントで知り、心配になりましたが、このブログで”タイのゾウさんたち”の姿に癒されていただきとてもうれしいです。タイさんがおっしゃるように、自然やゾウをはじめとする動物たちは、治療が必要な人を元気にしてくれるパワーがたくさんあると、2か所のキャンプに滞在して思いました。日本の子供たちにもぜひ、経験してほしいな、と思いました。今回、出会ったのは心や体に傷を負ったり、年を取ったために持ち主にお払い箱にされてしまったゾウさん達ですが、みなそれぞれ辛い思いをしてきたにも関わらず、とても優しかったです。

ところで、ウメ子さんの映画をご覧になったのですね!どんな映像だったのかMayaも観たかったです。またの機会がないかと期待しています。また、命日にも献花に行かれたとのこと。Mayaのゾウ友は仕事を終え、新幹線で向かったので現地に着いたときはもう誰もいなくて真っ暗だったそうです。で、ウメ子さんがまだいるような気がしてならなかった、と言っていました。

あの家については飼育の方も残してあげたい、と願っていると思いますが、もうウメ子さんはいないんだということだけでなく、本当に取り壊されてしまうという事が信じがたい現実のような気がします。

体調ですが、ぼちぼち回復に向かっています。タイさんもあせらずゆっくり治療に専念されてください。それと、まだまだタイレポートは続きますのでまた見に来てくださいね。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。