スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Elephant Nature Park(ENP)」ってどんなところ?

北部には小規模なところも含めたくさんのゾウキャンプが点在しています。ほとんどのキャンプはゾウに乗る練習をさせてくれ、ゾウとゾウ使いの生活を体験できる、というものになっているようです。

ENPは人間に無理な労働を強いられ、肉体的にも精神的にも傷ついたゾウの保護を積極的に行っているため原則、ゾウ使いによるコー(手ガギ)の使用や、草原を歩き回る際の鎖の使用は禁止となっています。

DSCF0647.jpg

人間と関わったために辛い経験をしたゾウ。そんな理由からここではゾウと触れ合うことはできても、乗ることはできません。人間不信に陥っているゾウが多いため、ゾウが心地よく暮らすことができるよう、ゾウに選ばれたゾウ使いだけがここでゾウとの生活を共にします。

Mayaたちが泊まったところは、よくある高床式の家。

DSCF0445.jpg

風通しがイマイチだったため洗濯物が乾くのに3日かかったところが難点。雨期だからってこともあるかも。扇風機を回したら改善されました。

DSCF0441.jpg

窓からの眺め。

DSCF0443.jpg

バスルーム(もちろん、水しか出ませんよ~)からの眺めはゾウさんの寝部屋。

DSCF0711.jpg

コテージの途中にもゾウさんの寝部屋があるので、毎日、おやすみ、おはようの挨拶ができます。

DSCF0439.jpg

長い鎖をつけて夕方には森に放し、朝には連れてくるといるやり方のその他多くのゾウキャンプとはちょっと異なりますね。どちらがいいかは議論になるところ。皆さんはどう思いますか?いずれにせよ、ゾウ達が大切にされ、のびのびしていることは確かです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。