スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シックビル症候群に思う

もともと煙草の煙などに過敏に反応しやすい体質でしたが、この1カ月で自分がシックビル症候群だったことが判明しました。

症状は、発疹、目の痛み、肩こり、のどの痛み、呼吸困難、頭痛など・・・人によってその度合いは様々なよう。

Mayaの場合、ビル入室初日に涙と鼻水が止まらなくなり、同日の夜、発疹が出始めました。ビル内にはなんとかいることはできますが、午後になると軽い頭痛が出て視界が狭くなり、肩や腰がものすごく張り、身体がだるくなるのです。

症状がひどい人はビルに入室できなくなるため、そこが職場だった場合は出社できなくなる。

また、それが家、つまりハウスシックだった場合、お家に住めなくなっちゃうということで、90年代から注目され始めました。

シックビルやシックハウスは花粉症と同じでいつ出るかわからないそう。しかも治療法はなく、症状が出てしまったら薬物検出された場所から遠ざかるしかないのです。

専門病院もありますが、どの薬物に対して反応が出ているか、ということがわかるだけで、しかも(病院が少ないため)常に予約はいっぱい。検査費用も高い、というのが現実。

さらに、検出された薬物が法の基準値内であれば、補償の対象にもなりません。

これは、困った~。

安い接着剤や塗料を使用してビルを建ててしまった企業などの対応策は、週末に空調を効かせて空気中に滞留する薬物を外に出すこと。

人にも環境にも優しくないなあ。

中国では相変わらずの住宅バブルが続いていますが、期待を裏切らず(?)死者まで出ているそう。さすがだ~。

これを機にMayaはハウスシック症候群ということがわかったので、お手軽価格の家具屋さん(一度も行ったことはありませんが、たとえばN店やI店など)には決して足を踏み入れないことにしました。

今、発疹と目の痛みには効果があるということで、一番軽い抗アレルギー剤を処方してもらっています。

今月の始め、ゾウさん仲間を通じ、ある版画家さんのご両親のお家で開かれたライブに招かれ、楽しい時間を過ごしました。

素晴らしいお家で、素材はすべて木と漆喰(=日本古来の土壁)。今の時代、このような家を建てる事は(職人さんが減ってきている上、コストがかかるため)とても贅沢といえましょうが、やはり、昔ながらの素材が人間の身体にもよく、日本の気候風土にも合うそうです。

ナントカヒルズに、ナントカエリア・・・お洒落なビルやエリアが都会に溢れるこの時代。

でも、Mayaは人や環境に優しいだけでなく、それに伴う文化や思想がある建物や街が一番、安心します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。