スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の1冊: 「ゾウと巡る季節」

book

先月、久しぶりにゾウに関する本が出版されましたが、これが素晴しかった。

ミャンマーの森では今でも昔ながらの方法で、ゾウとゾウ使いが森林伐採の仕事をしています。その生活のすべてを追った写真集がこれ。

森に入り、飯場を組み仕事の準備をするゾウ使いたち。必要なものはすべて森からもらったもの使うため、使用後はすべて自然に森に還るのです。

仕事をしていない時のゾウたちは森を自由に歩き回り、好きな相手と恋に落ち、子供が生まれます。そして、生まれた子供には数年後に厳しい訓練が待っている・・・。

人と自然が共存していくためには。

快適な生活や便利さを過度に求めるこの時代、このゾウとゾウ使いの存在には、何か特別な意味があるに違いない、と思わずにはいられません。

こんなにも美しい生き物と美しい人たちが、あとどれくらい森の暮らしをしていかれるのか。

森の精霊たちを通して大切にしていくべきものについて、想いを巡らせています。

こんな本を作った大西信吾さんの思いの深さと志に感動しました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。