スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタマジャクシも鳴くのです

写真を撮っていなくて残念・・・。

南米にベルツノガエルというカエルが生息しています。鮮やかな色で成体の大きさは10~12センチくらいです。

その風貌の期待を裏切らず目の前で動くものは何でも丸のみする旺盛な食欲。もちろん肉食なので攻撃的な性質。昆虫や小動物のみならず、共食いもしてしまうという凄いカエルです。

そのベルツノガエルのオタマジャクシが「国立ブエノスアイレス・ラ・プラタ大学」のナタレ博士により、鳴くことがわかりました。その鳴き声は短いけれどはっきりした金属音のような音だそうです。

どんなときに鳴くかというと、身の危険を察知したときや攻撃態勢(オタマジャクシのころから肉食)に入る時。また、成体のオスは敵に襲われると猫のような声で鳴くらしい。

これもちょっと怖いなあ。

ベルツノガエルのオタマジャクシは卵からかえった3日後には肺が発達するため、すぐに肺から空気を絞り出し鳴き声をあげることができるそう。現在、さらに詳しく調べるため、野生のペアを飼育繁殖させる予定だということです。

また、この発見により他のカエルのオタマジャクシも鳴く可能性があるため、調査がすすめられているそう。

ところで、このベルツノガエルですが、ユニークな風貌からかペットとしても人気が高いよう。オタマジャクシから育てている愛好家が、果たして鳴き声を聞いたことがあるかどうか気になるところです。

ベルツノガエルは「上野動物園」西園のビバリウムでも飼育されています。怖いもの見たさにじっくり観察してみてはいかがでしょうか?

この記事の出所はこちらからどうぞ。
↓↓
http://www.independent.co.uk/environment/nature/tadpoles-scream-when-threatened-by-cannibals-1945365.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。