スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりメスはおしゃべり好き?ゾウの世界の話です

ぼんやりしてたら今日で2月も終わり。お楽しみの動物園にも今月は行かずに明日から3月になってしまうなあ・・・。ちょっと反省。

さて、今月最後の記事はまたゾウ関係になってしまいました(*^_^*)

ゾウが人間の耳に聞こえる声だけでなく、超低周波音を出してコミュニケーションを取っていることはすでにわかっていること。

米「サンディエゴ動物園」のワイルド・アニマル・パークには現在、8頭のアフリカゾウがグループで暮らしています。では、1,800エーカーのスペースを毎日、歩き回るアフリカゾウは普段、どのような会話を交わしているのでしょうか?

それを調べるため、ゾウにGPSをつけた皮のベルトを装着し、10週間、24時間きざみで追跡モニターを続けたそうです。その結果、ゾウは近くにいる仲間たちにも低い声や低周波を出して会話していることがわかりました。

と、ここまでだと、特に真新しい話でも何でもありませんよね・・・。

声音の種類や構成、その内容についての解析、行動と共に会話の内容の分析はジョイス・プール博士によってすでに行われていることです。しかも、ゾウはちゃんとセンテンスで会話している、ってこともわかっています。

ついでに日本の会社が開発した音カメラと録音装置の両方を使って、「市原ぞうの国」のゾウたちがすぐ横にいる仲間と低周波音でも会話していることは証明済みです。TVで観た方もいるのではないですか?

また、ゾウ同士だけでなく、ランディはお客さんからおやつをもらう度に、低周波音を出していたそうですよ。

さて、北米の動物園でゾウの会話が行動と共に正式に分析されるのはこれが初めてだったようです。

記事の中で興味深かったのが・・・

「基本的にゾウ独自の1種類の言語を使っているのではないか」、ということ。「オス同士に比べるとメスの方がおしゃべりを好む傾向がある」、こと。「順位の高いゾウが特におしゃべり」、だったこと。そして、「妊娠しているゾウは出産予定日最後の数日になると仲間に教える。すると、仲間たちは顔を外側に向け母ゾウを囲って守る」、ことでしょうか。

すでにわかっていることもあるし、そんなの想定内、という感想がほとんどでしょうが、プロジェクトリーダーのアンダーソンさんは、今まで考えられていた以上に語彙も多く、複雑で高度なコミュニケーションが存在することがわかった、と言っています。

ゾウが好きの皆さんは時々、ゾウが自分に話しかけているような感覚を持ったことはありませんか?それはもしかしたらゾウの気持ちを心で感じているだけでなく、超低周波音を体のどこかで感じているからなのかも知れませんよね。

最後に参考まで。

「サンディエゴ動物園」のアフリカゾウも順位付けは野生ゾウと似ていて、年齢で順位がほぼ決まっているということが行動観察と記録によりわかったそうです。

出所となる記事の全文はこちらをどうぞ。
↓↓
http://www.independent.co.uk/environment/nature/not-so-dumbo-scientists-crack-elephant-code-1907399.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

卑弥呼は年齢順位がこのブログでは多分一番上だと思うし女性だから象に生まれていてもおしゃべりなのよ、きっと・・・。

No title

Mayaさん、気の早い卑弥呼はジャカルタ⇔バンダル・ランプンの7月の航空券をさっきオンラインで予約しました。GARUDA, SRIWIJAYA, BATAVIA航空がありましたがGARUDA以外はインドネシア発行のカードがひつようでしたので一番高いGARUDAを往復約7,800円で買いました。父の思い出のバンドンへ行きたいので陸路はあきらめました。時間に余裕があるのでこれからスマトラの野生動物について勉強しようと思いますのでいろいろ教えてください。Mayaさんとご一緒できたらどんなにか楽しいのに、お休み取れませんか?。
7月7日から15日です。

Re: No title

卑弥呼さん、
うふふ・・・。そうかも知れませんね~。そして一番物知りなんですよ、きっと。どこに行けばおいしいものがあるとか、楽しいとか、トラブル対応どうしたらいいとか。ね、ぴったりでしょう?

そうそう、サンディエゴのアフリカゾウの場合、年下のゾウを注意したりすることも多いからかも、って書いてありました。

Re: No title

卑弥呼さん、ついにチケット予約したのですね!しかもフィリピンからだと安いですね~!陸路の旅はできないとのことですが、きっと楽しい旅になるでしょう。Mayaも卑弥呼さんとご一緒できたらHappyです。メール差し上げましたが、今回は無理がありそうなので、ちょっと検討してみます。ああ、もっと自由にいろいろなところに飛んで行かれたら~!そうなれるように頑張ります!もちろんスマトラの野生動物については面白い発見があったらまた載せますね。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。