スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイのゾウキャンプ

wanna

バンコクで働いていたワンナー。保護された今は「ランパーン象保護センター」でのんびり暮らしています。

タイのゾウキャンプには様々なバックグラウンドを持つゾウが暮らしているようです。森林伐採の仕事を失ったため、ゾウ使いと共にキャンプで暮らすことになったゾウ。違法伐採で人間に酷使され、健康を害し、保護されたゾウ。悪いオーナーに利用され傷ついたゾウ。都市部を歩きまわる生活から救済されたゾウ・・・。

先日、「ランパーン象保護センター(TECC)」にコニーさんというゾウ保護活動を行っている、米人女性がゾウに会いにやってきた、とスパットさんのブログで紹介されていました。

何と!コニーさんは85歳。とてもきれいな方です。毎年アメリカからパンソムブーンとワンナーに会いにTECCにやってくるそう。

リンクされていたコニーさんのHPを見ると、ワンナーもまた、バンコクなどの都市部を歩きまわり、ホテルの前で芸を見せ、観光客からお金をもらっていたゾウだったそうです。まだ子供で可愛い年齢だったため、オークションにかけられたとか。

パンソムブーンは違法伐採の仕事で酷使されたことが原因で健康を害し、現在は森の中でゾウ使いに面倒を見てもらいのんびり暮らしているそう。

朝、森からショー広場に向かう時、嬉しそうに勇み足で先頭をきって歩いていたワンナー。ショーの前の水浴びが嬉しくて、いつもキユッキュッと鳴いていました。これからも幸せに暮らし、良い母ゾウになってほしいです。父親はジョジョかな~?

タイのゾウキャンプはゾウの保護やゾウ使いの生活向上を目的としているだけでなく、エコツーリズムを全面に打ち出し、観光客を受け入れています。どのキャンプもゾウの幸せを考え、ゾウや生息地について学んでもらうことを目的としていますが、特徴や理念は微妙に違うようです。

先日、「エレファント・ネイチャー・パーク」にボランティアで行ってきたという、ゾウさん仲間からお話を聞きました。ここではゾウの世話をすることはできますが、乗ることは許されていません。

ゾウは自然の中で、できるだけ野生に近い状態で暮らしてもらう、というのがこの施設の理念。血縁関係もなければ、それぞれ違う境遇に置かれていたゾウたちですが、ちゃんと群れを作って仲良く生活しているというのは、素晴らしいです。

他にも素晴らしい自然環境に囲まれ、ゾウたちがのんびり暮らしているキャンプが沢山あるようです。

現地に行き、目で見て、触れて、感じることって大切。これからいろいろな場所を訪ねることができたらいいなあ。

コニーさんのHPです。活動内容ほか、今まで保護したゾウが紹介(Rescued Elephantsをクリック)されています。
↓↓
http://www.elephantsumbrella.org/

スパットさんのブログ。2月11日付の画像。ブロンドのショートヘアー、パンソムブーンの鼻に抱きついているのがコニーさん。スパットさんも書いていますが、すごいエネルギッシュな女性ですね~。こういう方を見ていると、いくつになっても何でもできる!と勇気がわいてきます。
↓↓
http://www.changthai.com/mahout/

Elephant Nature ParkのHPはこちらをどうぞ。研究者などに人気がありそうな感じ。
↓↓
http://www.elephantnaturepark.org/
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

Mayaさん、このブログ見ていると象さんに会いたくて、ついに7月7日ジャカルタまでの航空券を昨日買ってしまいました。
目的はスマトラ島のワイカンバス国立公園へ象さんやその他の絶滅寸前の動物や鳥に会いにいくためです。
あえて飛行機は使わずフェリーでスマトラ島へ渡りあとはバスで
あちこち観光しながら行くつもりです。
時間が余ったら、亡き父が昔住んでいたバンドン(ジャワ島)を訪れたいと思っています。
情報があまりないのでどのようにしたらいいのかわかりませんが行ったらどうにかなると楽観していますが、なにかワイカンバス国立公園のことをお知りの方、教えてください。

Re: No title

卑弥呼さん、ついに、ついにワイカンバスに行かれるのですね!素晴らしいです!!というか、うらやましい~~。数々の秘境の地を歩いた卑弥呼さんのこと。心配無用かもしれませんが、湿地帯の熱帯雨林なので、ヒルよけソックスは必需品のようですよ。飛行機は使わずフェリーとバスの旅というのもいいですねえ~。お父様がジャワ島にお住まいだったとは、医療関係のお仕事絡みだったのでしょうか?予定を聞いているだけでどんな冒険が待ち受けているのかワクワクします!ワイカンバス国立公園について、私も情報をご存知な方を見つけたらメールしますね。「地球の歩き方」にも紹介されているようですので、立ち読みしてみます。ところで、インドネシアの島々には伝統染物工房(かなり数が少なくなってきているらしいですね)があり、その中のひとつで作られたゾウモチーフの作品を偶然、横浜のバティック専門店で見つけました。もちろん、買いましたよ。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。