スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

People Treeとエマ・ワトソンがコラボするフェア・トレード商品、英国で発売

今日はちょっと動物と離れた話題を。

でも、環境には大いに関係ありなので取り上げてみました★

最近、エコ商品への関心が高まる中、需要を伸ばしているのがフェアトレード商品と呼ばれるものです。衣料品や生活雑貨、食品までさまざまな商品を気軽に買うことができるようになりましたよね。

そんな中、数か月前から英国で話題になっていた、映画ハリー・ポッター・シリーズの女優エマ・ワトソンとPeople Treeのコラボレーション。

現在、ファスト・ファッションと呼ばれる衣料品の人気は日本に限らず、先進国全体に見られる傾向です。しかし、安価であるため商品の中には末端で労働する人々の健康や生活はもちろん、環境汚染を配慮せず生産、あるいは製造されているものがほとんどと言われています。

そのような事態を深刻に受け止めたエマ・ワトソンが、同世代の若者たちに現状を考えてもらおうとコラボしたのが、People Treeの衣料品ライン。その春夏コレクションが本日、英国で発売になりました。

People Treeはここ数年、日本でも人気が高いのですが、その秘密は価格にもあるようです。それは人道支援や環境保全に貢献しているという意識が持てるというだけでなく、通常商品と比べ、高からず安すぎずリーズナブルだから。

発展途上国で生産されたにも関わらず、値段が若干、高めなのはフェアトレード製品の特徴。中間での搾取がなく、労働者に対し公平に取引されているだけでなく、労働環境の衛生面が配慮されているとともに、人体や環境に被害を与える農薬や化学薬品の使用を抑えているからです。

これは一例にすぎませんが、インドのある農村部の綿花地帯では、先進国で使用が禁止になった農薬が先進国の製薬会社の手で売られていたりします。強い農薬の散布は害虫駆除に最適で、効率が良いため農場主が利益を上げることができ、農民も積極的に使っているのです。

しかし、防護服や農薬に関する知識のない(文字も読み書きできない)農民たちの身体はガンなどの病に侵されています。また、長期的な観点から見ても環境には優しいと言えません。そして、労働者が受け取るべき賃金は搾取されるため、生きていくのがやっとの状況なのです。さらに、収穫された綿の漂泊や加工を行っている工場でも同じ問題が起きています。

これが(全企業に対してとは言えませんが)超ロープライス商品の秘密。

ところで・・・

People Treeのチョコレート(冬季限定)、おすすめです(^O^)

白砂糖の代わりに黒糖が使用されているものを初めて食べた時は、おおっ!変わっているけどクセになる~、と思いました。外見は普通の板チョコですが、パッケージデザインの良さもポイントが高くなる理由のひとつ。

近くにお店のない方はネットで通信販売を行っているショップもありますので、興味を持ったらこの時期にぜひお試しあれ!

近々、日本でも発売されるエマ・ワトソンのラインはこちらをご覧ください。
↓↓
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/gallery/2010/feb/01/emma-watson-people-tree-clothing-line

People TreeのHPはこちらをどうぞ。
↓↓
http://www.peopletree.co.jp/
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

Mayaさんお久しぶりです。
寒い寒い日本からここフィリピンへ帰りあまりの気温差に体調をくずしボーっとしていましたがやっと元気になり
Mayaさんのブログを一気に読みました。
全て興味深いものでしたが、やはり卑弥呼は象さんの話題に一番興味をそそられました。
ランパーンの象トレーニング・センターの象さんの写真素晴らしいですね。すぐにでも飛んで行って仲間に入りたくなりました。さて卑弥呼は今年何処の象さんへ会いに行くのかいろいろ計画をねっていす最中です。

No title

フェアトレードの商品ですが最近よくみかけますよね。
昨年末にクリスマスプレゼントにとウメちゃんファンのお仲間の方からフェアトレードの素敵なマルチカバーをいただきました。インドで作られたものでミラー刺繍がほどこされていまして、1枚の黒い大きなカバーに空と地上と海の場面が何色ものカラフルな糸で刺しゅうされていて象達や鳥達やお猿さん、豹達そして魚達、それらの生き物を見守るかのように三日月が空に浮いているというとても素敵な刺繍のマルチカバーです。

マルチカバーについていたタグにミラー刺繍とこのミラー刺繍を制作した団体について書いてありました。
「インド、グジャラート州の伝統的なミラー刺繍は、鏡を身にまとう事で砂漠の中での存在を知らせる生活の知恵から生まれたとも言われています。この美しい刺繍の生産団体 セントメリー は仕事作りを通じてスラムの女性の地位向上の支援を行っています。」

恥ずかしながら今まで私はフェアトレードの事についてよく知りませんでした。今回素敵なミラー刺繍のマルチカバーをいただいてフェアトレードについて知りました。

どうしても安い方がお得感があり目がそちらにいってしまいがちですが安いからと安易に飛びついてしまうのではなくこの商品は環境に配慮されているのか作っている人の生活は保障されているのかなど一人の消費者としてしっかりと考えていきたいと思います。

Re: No title

卑弥呼さん、お久しぶりです。そして、お帰りなさい!今週、東京でも雪が降り、若干、気温が上がった翌日も冷気が残って底冷えしていました。お元気になられたとのこと、良かったです。そして、(長い記事ばかりの)ブログを読んでくださってありがとうございます!ランパーンはのんびりしていて良い施設でした。ゾウが本当に好きで欧米からくる人たちは結構、年齢層が高かったですよ。どこに行くか決まったら教えてくださいね。そして感想を聞かせてください!

Re: No title

タイさん、ウメちゃんファン仲間の方からプレゼントしてもらったというマルチカバー、とても素敵ですね!宇宙とのつながりや、やさしくて大きなものに包まれている感じがします。ウメちゃんファン(=ゾウさん好き)の方のセンスの良さが伝わってきました★ ミラー刺繍、Mayaも大好きです。図案も自然や身近にいる動物をモチーフにしたもので、お部屋に置いておくとほっとしますよね~。インド旅行中、ローカーストの女性たちが危険な工事現場で肉体労働をしている姿をよく見かけました。グジュラートにも行ったことがあります。スラムの女性たちの生活が向上し、最低限の教育も受けられるようになるといいですよね!確かに(Mayaも)お得感から安い商品に走りがちですが、ときどき立ち止まってその商品の素性を考え選ぶことは大切だなあ思います。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。