スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生ビーバーの巣を見たことがありますか?

bever

画像は「市原ぞうの国」のビーバー一家のメンバーの1匹。巣作りも促せるよう、土や木なども導入されている楽しいスペースです。タイミングが良いと、たのしそうにエサを食べたり遊んでいる姿を見ることができます★ 実際に巣を作っているところを見てみたいですね!

ゾウさん関連の記事が続いてしまったので、ちょっと今日はビーバーのお話です。

英国では、木を食いあらす害獣、あるいは狩猟の対象とされていたビーバー。16世紀を境に生息地から姿を消し始めます。

ところが、昨年より一部の専門家らの間で、ビーバーの存在は森のエコシステムに重要な役割が持つ、との見方が高まり、野生ビーバー3家族が試験的にスコットランド、ナップデイル・フォレストに再導入されました。

再導入は、スコティッシュ・ビーバー・トライアル、スコットランド野生動物トラスト、スコットランド王立動物園協会が協力して実行。

そして、ついに昨年11月4日、高さ2メートル、長さ5メートル、幅7メートルもの大きさのビーバーの巣が発見されました!!

専門家によると、巣は非常によくできていて森の中でも安全な場所を選んで作られているそうです。2つの出入り口は水の中から使えるようになっています。

野生ビーバーの生息地を守るため、関係者以外はもちろんこの場所に足を踏み入れることはできません。トライアルスタッフやボランティアらが、ビーバーを日々、観察。ビーバーの生態とエコシステムとの関連データを取っています。

以下の記事の詳細や巣の画像はエジンバラ動物園のHPで見ることができます。画像ではあまり大きさを実感できませんが、森をお散歩中に出会ったら感動すること間違いなし!でしょう。
↓↓
http://www.edinburghzoo.org.uk/news-and-events/news/articles/news_0080.html

ランパーン象保護センターのつづきはまた次回★
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

私も先日市原ぞうの国でビーバーさん一家に会いました。
ビーバーの巣は森の中でも安全な場所を選んで作られていたり、ビーバーさん達が森のエコシステムに重要な役割が持つと言われていたりとビーバーさんの暮らしぶりにとても興味がわきますね!
トライアルスタッフやボランティアらがビーバーを日々観察し生態とエコシステムとの関連データを取っているとの事でどのようなデータがでるかとても楽しみです(^-^)

Re: No title

タイさん、ビーバーの事ってあまり良く知らないので、これからまた時々、エディンバラ動物園のサイトを見てみることにします。きっとまた何かあったらニュースにのることでしょう!どんなことがわかるのかMayaも楽しみですよ~。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。