スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランパーン象保護センターのホームステイプログラム

タイ北部チェンマイ近郊のゾウキャンプと言えば、あまり日本人に知られていない場所から、映画「星になった少年」のロケ地になり有名になった場所までたくさんあるようです。そして、特徴もさまざま・・・。観光名所として一番有名なのは、「メーサー・エレファント・キャンプ」でしょうか。

Mayaが今回、目的を絞ったのは「ランパーン象保護センター(TECC)」です。このセンターは2002年、林業公社(FIO)がゾウ保護を目的とした対策を打ち出したことがきっかけとなり、設立されました。ここには世界初のゾウ病院があることでも有名な場所。なので、まずは王道(?)ということでここを選びました。

ナコーンランパーン駅からソンテオでチェンマイ方面に向かうこと約30分。わかりにくいと思いますが、センターの入り口です。とても広くてここから受付までがまた長い(^_^;)


gate

このセンターではホームステイプログラムと呼ばれるアマチュアのためのゾウ使い訓練コースを宿泊して受けることができます。入り口を超えてさらに道路を進んでいくとこんな看板が見えてきます。

homestay

用意されているコースは1日、1泊2日、2泊3日です。それ以上の日数を希望する場合、人数が集まれば可能だそう。それでも、2泊3日を選ぶ人は本当にゾウの好きな人たちばかりでしたo(^-^)o

広大な敷地内には、ゾウ病院、母子ゾウのためのナーサリーセクション、Royal Elephant Stables、ゾウのお墓、ゾウ使いのためのトレーニングセンター、ショー広場、うんちペーパー工場などがあります。

そしてこの敷地内にゾウとゾウ使いが暮らしている、まさにユートピアのような場所なのです。


map

さて、Mayaたちはどんなところに泊ったのでしょう?
近くにゾウさんはたくさんいたのかな?

それは次回のお楽しみに!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

 いよいよランパーン象保護センターでのMayaさんの2泊3日の体験談が聞けるのですね。
とっても楽しみです。
 卑弥呼は13年前にチェンマイから1日ツアーであるゾウセンターへ行き、ジャングルや川をトレッキングしたことがありますが、そこが何処か思い出せません。
大きなバナナの房を買って1匹ずつに上げようとしたら大きな象が来て全部取られてしまったことが強く印象に残っています。

Re: No title

卑弥呼さん、体験談は新年にまたUPしますね!ところで、卑弥呼さんが13年前に行かれた場所は、メーサーエレファントキャンプかもしれませんね。Mayaもジャングルや川のトレッキングをしてみたいです!いつか周辺キャンプを見てまわったり、それぞれの訓練コースに参加できたらいいなあ、と思っています。

No title

Mayaさんはどちらのゾウキャンプに行ったのかな~と思っていましたが、ランパーン象保護センターでホームステイされたのですね!私もランパーンにはいつか行ってみたいなと思っています。Mayaさんの体験談の続きを楽しみにしております!

Re: No title

タイさん、北部には奥地に行くと面白そうな場所がいろいろあるようで、興味が広がりますよね~。ランパーン、とても良かったですよ。ぜひタイさんも行ってみてくださいね!スタッフの方々もゾウ使いさんもどちらかというと親日派で、なぜか子供のころ、おばあちゃんの家(日本だけど)で過ごしたときの記憶と重なりました。続きですが、フォトショップに問題が起こって画像がUPできません(涙)。もすこし、待っててくださいね!
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。