スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリンの裏通りで

ゾウ祭りに参加するゾウさんやゾウ使いは一体、どこに滞在しているのでしょう?探してみたいね~、と話しながら裏通りを歩いていたところ・・・。

なんと!ありました、それらしき場所が!

スタジアムの裏側に広い敷地があり、高床式の建物などを発見!実際のところはわかりませんが、ここで寝泊りしているのかも知れません。


backstreet

交通量の多い大通りから横道にそれると、のどかな田舎の風景が続きます。これは仕立て屋さんでしょうか。スリンは養蚕と織物でも有名な場所。ゾウさん柄が織り込まれた素敵なブラウスです。

tailor

小さな裏道でも所狭しとゾウさんが歩いていました。感じの良い食堂を見つけ、そこでお昼ご飯を食べることに。

lunch

すっかりくつろいでいると大きなオスゾウに乗った青年ゾウ使いが現われました。子供たちは大喜び!!みんな、トラックの荷台の上から目を輝かせてゾウさんを見上げていました。そして、ゾウさんに乗せてもらいます。

backstreet1

Mayaたちが日本人だとわかると日本語で「サヨナラ、マタアシタ~」、と言ってくれました。帽子の影で顔が良く見えませんが、とても爽やかな青年でした。

backstreet2

ひたすら続いたスリンのレポートでしたが、長くて重い内容のものまでお付き合いいただき本当にありがとうございました。時には別のニュースも交えながら、次回からはいよいよ北部ゾウキャンプなどの旅のエピソードを載せたいと思います★
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

いよいよスリンから北部ゾウキャンプへ移動されたMayaさんの体験談を楽しみにお待ちしています。
象にはまった卑弥呼は次のターゲットをスマトラ象キャンプにしぼりました。

Re: No title

卑弥呼さん、いつもありがとうございます!
ところで、スマトラ象キャンプにターゲットを絞るとはもう卑弥呼さんは「象マニア」ですね。バリ島に本土から保護されたゾウの施設(ゾウを愛するオーストラリア人がオーナー)は有名ですが、卑弥呼さんが行かれる所はすごくディープですね。こちらこそ、お話を楽しみにしています!!スマトラ象の訓練には確か、タイからゾウ使いの人たち&お手本を示すゾウが呼ばれて行ったはずですよ★

No title

象祭りに参加する象さん達や象使いさん達がどこに寝泊まりしているのか私も気になっていました。スタジアムの裏側の敷地に高床式の建物があったんですね!気づきませんでした。ではそちらから象祭りの前日に象乗りなどで街中まで来ていたんですね。
象さん柄が織り込まれたブラウス、色合いもとても素敵ですね!そういえばトンタリンホテルからバスターミナルへ向かう通りに生地屋さんがありました。たくさんの生地が筒に巻かれて並べてありました。それから一本裏手に入った路地にはやはり感じのよい食堂がありました。お昼時でとてもこんでいました。ツアーだったので食事はトンタリンホテルでとる事になっていてそこで食べれなかったのが残念でした。
大きなオス象さんを連れた青年象使いさんは日本語を話せたんですね~。それにしても爽やかな笑顔の象使いさんですね!タイの人達の爽やかな笑顔には本当に引き寄せられます。
トンディーの象使いさんは日本の「ぞうさん」の歌を上手に歌ってくれました。英語も少し話せるようでいろいろと勉強しているのかな~と思いました。

Re: No title

タイさん、どうやらそのようですね。後日、ゾウキャンプで一緒になったスイス人がスリンのゾウ村のひとつ、タクラン村まで行ってみたそうなのですが、街に集結した後だったからゾウさんはいなかった~、と言っていました。なのできっとそのあたりで寝泊まりしていたのかも知れません。トンディーの象使いさんは勉強熱心ですね!観光客相手なので楽しませたり、コミュニケーションをとるために頑張っているんですね、きっと。ゾウさんまで歌ってもらって、うらやましいなあ。タイの人たちの笑顔は、性別年齢関係なく誰でも本当に素敵ですよね。こちらも自然にニコニコし通しでしたよ(*^_^*) トンタリンホテルの方には初日の早朝、ちょっといただけなので、周囲を歩く機会がありませんでした。生地屋さんとかものぞいてみたかったな。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。