スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリン「ゾウ祭り」の様子

今日はゾウ祭り当日の様子をお伝えします。写真の腕がイマイチな上、カメラも良くないので実際の迫力をとてもじゃないけど表現することができません!でも、雰囲気だけでもお伝えできたらうれしいです★

会場に向かう途中、おびただしい数の出店が出ていました。スタジアムの中に入ると、さらにゾウ関係のお土産屋さんがズラリと並び、サトウキビを売るゾウ使いに取り囲まれます。下は出所があやしい象牙のアクセサリーやコー(調教棒)、キッチュで可愛いゾウのおもちゃなどが売られている様子。

backyard3

backyard4

スタジアム横の空き地にはクーイ族の伝統的な衣装を身につけたゾウ使いたちの姿が。みなさん、年齢に関係なくすごくサマになっていて、本当にかっこいいです。

backyard2

backyard1

ゾウさんたちのご挨拶は、チケット代が一番高いV.I.P席の前で行います。影に隠れて見えませんが、今年生まれた赤ちゃんもお母さんと一緒にここに並びご挨拶。

greeting

ショー冒頭の280頭のゾウさんたちが続々と登場する場面は、本当に感動ものでした!脚色されたどのシーンより印象的で素晴らしかったです!お伝えできないのが本当に残念(;_;)

roundup

roundup2

ここでも同じく、民族舞踊隊や音楽隊が入場します。音楽隊が演奏する曲はもちろん、「Chang Chang Chang」★

marching

さて、この舞踊団、きれいなお姉さんばかりではありませんでした。よーく見ると、きれいなオカマちゃんも混ざっているのです。最後に隣のアメリカ人バックパッカーのお兄さんも交えてみんなで何人いるか数えてみたところ、気が付いた限りで8名発見。一番、感情表現豊かな踊りを披露してくださったのは、もちろんオカマちゃんでした~★

dancing2

人間と一緒に、ゾウさんたちも踊ります。愛きょうたっぶりでとってもキュート。

dancing

戦闘シーンで大活躍したのは、見事な牙のオスゾウたち。とても威厳に満ちています。

war

歴史的な再現シーンなどのほか、サッカーや希望者も参加できる綱引きなども盛り込まれています。サッカーはかなり本格的とはいえ、みんなお鼻を使ってボールを奪い合い。これもゾウとゾウ使いのチームワークですね~。綱引き(画像はありませんが)は2回戦ともゾウのブンマーの勝ち。

football

football2

ショー閉会時では国家が流れ、皆、起立します。そして終了と同時に、席の前までゾウさんたち(ゾウ使いでもある)がわらわらと駆け寄ってきます。「サトウキビ、サトウキビ~♪買ってよね~♪」

aftertheshow

踊り部隊の若者たちもほとんどがそうでしたが、彫りものを入れている人が多く目立ちました。このゾウ使い青年の背中にはハスの花を手にした大きなガネーシャが。子ゾウが鼻で持っているのは20バーツ札。

aftertheshow

こちらはご夫婦でしょうか。なんだか、すごくロマンチック。

aftertheshow1

というわけで上手くお伝えできなかったゾウ祭りの様子ですが、少しはお楽しみいただけたでしょうか?

演出がかったシーンでは効果音やアナウンスなどがちょっとうるさいくらい使われていたため、280頭のゾウさんたちがただ続々と現れる場面が一番、鳥肌ものだったような気がします。

びっくりするのは、ゾウたちが非常によく訓練されていること。効果音にゾウのトランペット音や馬のいななき、スモークや花火なども使われいましたが、みんな自分たちがどういう立場で何をやっているのか、ちゃんと理解しているのです。ゾウを訓練したゾウ使いの凄さはももちろん、ゾウの賢さを改めて感じました。

タイ情報はまだまだ続く・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

 すてきな写真!。
卑弥呼はやたらパチパチと100枚以上の写真を撮ったけれど
Mayaさんみたいに上手にその時の雰囲気をとらえていません。
ただ象さんと魅力的な象使いさんをメインに撮っていました。
黒のTシャツを着て象にのっている象使いさん、一番すてきでした。彼の後ろに乗ってみたかった・・・・。

Re: No title

卑弥呼さん、写真って人によって着眼点が違うから性格が結構、出ますよね~。Mayaのは何でこんな角度から撮っちゃったんだろう、ていうのばかりでした(^_^;) ぜひ、卑弥呼さん撮影の魅力的なゾウ使いさんの写真を拝見したいです!

No title

mayaさんが写された写真の数々、どれもとても素敵ですね!ショーでの象さん達一頭一頭の愛らしい表情がそのままに写しだされていて見ていてとてもほほえましいです。サッカーの試合中の象さん達の楽しそうな表情を見ていると象さん達も楽しんでいるのかな~と嬉しくなります。サッカーの試合中、象さんがズルして?ハンド(というか、ノーズ?)をしながらアメフトの試合のようにゴールを決めたのはかわいらしかったな~(#^.^#)
象さんに乗っているご夫婦の写真ですが、とてもロマンチックで素敵ですね!
象祭りを見て感心したのは大きな効果音に取り乱すことなく象さん達が素晴らしいショーを演じていたということです。象さんは大きい体をしていても神経が細やかで繊細だし人間には到底拾うことのできないような音までも拾うくらい耳がよく聞こえますしちょっとした音とかにも敏感だったりするのにあの大きな効果音に驚かずに何時間も演目をこなしていたのには脱帽でした。きっと象さんと象使いさんの絆の強さや信頼の大きさがそうさせていたのかなと思いやっぱり象さんと象使いさんはすごいな~と感心しました。

Re: No title

タイさん、写真のこと素敵だと誉めてくださってありがとうございます!サッカーも楽しかったですね~。日本でボールをお鼻で持つのは市原のミニスターだけですが、スリンではみんなお鼻を使って、ノーズゴールを決めちゃって。みんな、笑ってましたよね~。守備であるはずのゾウさんが離れたところでボーッとしてたり、みんなの表情がとっても面白かった~!そうですね、このスリンのゾウさんは本当によく訓練されていて賢いです。スリンは北部のゾウ使いよりゾウに対して厳格だ、という話しをちらっと聞いたこともあります。ゾウさんの性格や才能を見出すことができるのが、腕の良いゾウ使いともいわれているようですね。家畜化ゾウの野性復帰計画をとなえる団体もいるようですが、この信頼関係や絆の強さを考えるとそれは相当、無理があるでしょう!ゾウさんとゾウ使いはやはり、一生を共にする家族ですから!
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。