スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリン「ゾウ祭り」への道

ticket1

前売りは500バーツ以上の席のみ、ということでこれは500バーツのチケットの表側。

ticket2

裏側には当時のクーイ族の写真が使われています。ゾウ祭りの会場の露店では大きな写真が売られていました。(日本円ではたいしたことないけど)ちょっと高めだった。実際の様子はそれはすごいものだったことでしょう!

panph

こちらはパンフレットの中身。スケジュールなどがタイ語と英語で書かれています。

タイのゾウキャンプや保護区に行ってみたい、できればゾウ祭りも見たい。こんな風に口走っていたのは数年前のこと。

そしてそのタイミングは今年やってきました。東北部のスリンから北部チェンマイ方面まで、反対方向の大移動。これって、弾丸ツアーだなあ、思いつつバンコク拠点に寝台車でのんびり移動すれば疲れないかも。電車の中でおばさんが売りに来るご飯、おいしそうだし・・・。

しかし、問題はスリンのゾウ祭り関連の手配です。現地に直接コンタクトを取り、電車のチケット、宿、祭りのチケットとばらばらに支払うのは面倒、と思い探したところ、すべてを安い手数料で手配してくれるエージェントを見つけました。

電車のチケットはカオサン通りにあるエージェントに、その他はスリンのエージェント(料金現地にて後払い)にお願いし、手配完了。かくしてMayaは280頭(!)のゾウに囲まれることになるのです。

後から分かったこと。電車は行きより帰りのチケットを取るのが大変らしく(寝台以外だったら空いている)、宿は安いところなら空いていて、祭りのチケットは一番安い(300バーツの主に地元の人が買う席)なら当日購入できる。

なので、突然ゾウ祭り行きを思い立ってもなんとかなる、ということですね。

電車ですが、遅れたり止まったりするのでかなり適当。だいたいバンコクからスリンまでは約8~9時間、バンコクからチェンマイまで12時間くらいですので、ほとんど寝ている間に到着しました。

車体は古臭いですが(それも味)、2等でも清潔なマットレス、シーツ、枕、タオルケットを用意してくれ、カーテンも付くので、とっても快適。乗務員も駅員さんも優しくって親切。V.I.P.バスの評判も良いようですが、Mayaは電車の旅がすっかり気に入ってしまいました!

次回はゾウ祭り前日(エレファント・ビュッフェ)の様子をお伝えします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

あの象さん達は280頭だったんですね!何頭だろう?200頭はいるかな~?と思っていたのですがそれ以上の280頭には驚きです\(◎o◎)/!あの280頭の象さん達の登場には本当に圧巻でした!象さん達が年に一度この時期にスリンに里帰りし集まるなんてなんか象さん達の同窓会みたいですね(#^.^#)おまえどうしてた?元気にしてた?なんて象さん達の会話が聞こえてきそうです。
電車の旅、乗務員も駅員さんも優しくて親切で快適に過ごせたようでよかったですね。Mayaさんのお話を聞いて私も電車の旅をしたくなりました(^O^)
次回はゾウ祭り前日(エレファント・ビュッフェ)の様子をお伝えして下さるとの事でそちらもとても楽しみにしています!

Re: No title

タイさん、特に冒頭でのゾウさん全員大集合は大迫力でしたよね。思わず感極まってしまいましたよ。サッカーもすごく面白かったし!!この3日間がいかにスリンの人々、スリン出身のゾウとゾウ使いにとって特別なものかよくわかりましたよね★ そうそう、電車の旅は本当におすすめですよ。おばあちゃんが、途中で売りに来た竹筒ご飯やスパイスの効いた腸詰めみたいなやつ、すごーく美味しかったです。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。