スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら、ウメ子 「アジアゾウ、ウメ子のお別れ会」

umeko1

ウメ子さんの小さなお家とお庭。はな子さんの家よりレトロですね。もうここでウメ子と会うことはないのだと思うと、あらためて込み上げてくるものがあります。

17日は小田原城址公園で約60年の生涯を閉じたアジアゾウ、ウメ子のお別れ会でした。後で新聞を見たところ、5,000人がお別れ会に参加したそうです。

追悼のことば、功労賞の贈呈、飼育の方のことば・・・その後で小田原市少年少女合唱隊による歌がありました。1曲目は「ぞうさん」。そして、「千の風になって」のクライマックスではみんな、声をひとつに歌い上げました。

たくさんのお花に囲まれたウメ子さん。額に写真を入れて持ってきた方、色紙を持った来た方もいらっしゃいました。

umeko3

銅門広場では思い出の映像を流していました。貴重な写真とともに60年の生涯の紹介の他、初代飼育員さん&現役飼育員さんが語るウメ子の思い出を聞くことができました。飼育員さんたちの深い愛情が伝わってきます。

水攻撃をした後の得意ポーズと、満足げな顔なども映し出され、本当に頭がよく、ユーモアのセンスあふれるゾウさんだったなあ、と見ている人の笑顔を誘っていました。

以下は小田原に来たときのウメ子。推定年齢2,3歳?小さくて可愛いですね。

umeko2

上野動物園にいた時のウメ子さん。右のゾウさんは、はな子さんです。せっかくお友達になれたものの、この後、2頭はばらばらに。

umeko7

広場に展示されたメッセージの数々。ここでご紹介するのはほんの一部です。本当にたくさん展示されていました!ウメちゃんが大好きだった人たちの、いろいろな思いが伝わってきます。

umeko8

売店にも、天守閣の中にも遺影写真とお花が飾られていました。小田原市にとってのウメ子さんの存在がいかに大きかったかがうかがい知れます。

umeko4

天守閣の上から見た、ウメ子さんの家。外は別れを惜しむ涙のような雨が降っています。空っぽのゾウ舎はなんともさびしげ。Mayaはこの場所がメモリアル館として残されるといいなあ、と思います。

umeko5

参加者には記念品が配布されました。ウメちゃんのポストカードセットに、このマグネット。

umeko9

ウメ子さん、今まで本当にありがとう。ウメちゃんがいなくなって、なんだか一つの時代が終わってしまった、そんな感じがします。

今後、さらに日本の動物園のゾウさんたちを取り巻く状況は進化していくことでしょう。そして新しい命の誕生を期待したいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

ウメちゃんを慕うたくさんの方々に囲まれてウメちゃんもさぞ嬉しかったのではないかと思います。あれだけたくさんの方達がウメちゃんとのそれぞれの思い出を胸に刻みながらウメちゃんに感謝しているんだと思いジーンとしました。60年余り小田原の地で頑張ってきたウメちゃんが残した大切な大切な思い出をそれぞれが大事に胸に抱きながら前に進んでいくんだなと思いました。私もしっかり前を向かなきゃと思いつつも未だウメちゃんがいない事を受け止めきれていません。「千の風になって」の合唱の時、涙がこみ上げてきました。(ノ_・、) ウメちゃん、千の風になって皆のことを見守っていてね。ウメちゃんが見守っていてくれているんだからしっかりしなきゃね!頑張り屋のウメちゃんを見習って・・。
銅門広場で行われていた思い出の映像、ウメちゃんのお茶目さ、かわいらしさが満載でした。水かけに失敗して残念そうに!?後退しながら家に入っていく姿には思わず笑みがこぼれました。本当にお茶目なウメちゃん、そんなウメちゃんをずっとずっと見続けていたかったです。
見聞館でプリクラ撮りました!桜が満開の広場にお城とウメちゃんが写っていてその背景で一緒に写せるもので一回100円でした。お別れ会の時に小田原市長さんが言っていたように、やはりウメちゃんは小田原城主だなとプリクラ(ウメちゃん&お城)を見て思いました。城主というより小田原城のお姫様かな?お城とウメちゃんの写真も今までに何枚か撮ったことがありますが私の宝物です。宝物といえば、ポストカードセットとマグネットも私の宝物になりました。もちろんウメちゃんプリクラも!でも一番の宝物はウメちゃんとの思い出です。ウメちゃんが千の風になって見守っていてくれるからウメちゃんとの大切な思い出を胸にしっかり生きていかなきゃです!

Re: No title

タイさん、こんばんわ!本当に良いお別れ会でしたね。確かに、ウメちゃんは城主じゃなく、お姫さまですね。売店にお城の絵の5枚セットくらいのポストカードがあったんですが、その中の1枚はもちろん、「お城と桜とウメ子」でした。タイさんの持っていらっしゃる写真ですが、本当に宝物ですね。もちろんプリクラも!

帰りはウメ子のお家の前から、後ろ髪をひかれるような思いで立ち去りました。本当に特別なゾウさんだったと思います。そうそう、水かけに失敗して残念そうにお家に入る姿、可愛かったですね!ゾウに興味のない人も、なんだろう?と思わずにいられなくなる味がありました。親子3代が集まり、お見送りできるまで、頑張ってくれて、みんなありがとうの気持ちでいっぱいだったことでしょう。

郷土館で写真などが展示されているうちに、もし時間がとれそうだったら、もう一度、行ってみたいと思います。その時はプリクラも探してみますね。

No title

小さいときに見に行ったことあるんですよ。

うめちゃん亡くなってたんですね。。
知らなかった(T_T)

うめちゃんありがとう
どうか、お空の星になって
おとうさんおかあさんと幸せにね!

Re: No title

圭さん、はじめまして、Mayaです。
圭さんのように、小さいころの思い出のゾウという方は本当に大勢いらっしゃることと思います。
うめちゃん、今頃、天国で何をしているのかな?
お父さんとお母さんに会えているといいですよね。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。