スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英チャールズ皇太子が熱帯雨林の写真展を主催

10月から12月の間にロンドンに行かれる方はいますか?

滞在される予定の方は散歩がてら、西にある「キュー・ガーデン」(2003年、世界遺産に登録)まで足を伸ばしてみると良いかもしれません。10月3日から熱帯雨林の写真展が開催されるからです(2009年9月28日、英インディペンデント紙)。

主催者は“皇太子熱帯雨林プロジェクト”の代表者であるチャールズ皇太子。気候変動から地球を守るため、世界中の熱帯雨林における森林伐採反対を訴えるプロジェクトで、今回の写真展はそのキャンペーンの一環として行なわれるそうです。

素晴らしい作品の撮影者は、今年、“皇太子熱帯雨林プロジェクト賞”を受賞したダニエル・ベルトラ氏。アマゾンやコンゴ共和国、インドネシアの熱帯雨林の現状が伝えられています。写真展は12月6日まで開催され、その後、パリとベルリンを回る予定。

作品の一部は以下、URLでご覧になれます。
画像左下、More Picturesをクリックして下さい。
↓↓
http://www.independent.co.uk/environment/princes-rainforest-exhibition-opens-at-kew-1794538.html

(森が消え、一面がアブラヤシのプランテーションと化したインドネシア、カリマンタンのパランカラヤ北部を空から撮影したものや、アマゾン原住民の生活風景、ボノボの親子、そして初めてご覧になる方にはショック!!ブッシュミートを扱う市場の光景などが紹介されています。)

さて、熱帯雨林の減少イコール気候変動ではない、との見方をする人たちも多くいるようです。しかし、人間は長期に渡り、地球から資源を奪いながら生態系を破壊してきたわけですから、様々な要因が重なることでの影響について否定することもできないのも事実。

一番良いのは、自然と共存している原住民以外の“ヒト科ヒト属の動物”が森から立ち去ることでしょうが、そうはいかないのが現実(>_<)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

一面がアブラヤシのプランテーションとなっている空撮写真には驚きました。ボルネオもアブラヤシのプランテーションが拡大しボルネオゾウやオランウータンなどの動物達が住む森を侵食しています。パーム油は私達が日常食べたり使ったりしているアイスや洗剤等に使われていています。必要だから森を破壊してアブラヤシのプランテーションを増やし続けるのではなくボルネオ保全トラストさんが行っているような、森を・動物達を守る活動がとても重要だなと思いました。

話は変わりますが、ウメ子さんのお別れ会の日程が決まったようです。

日時・・10月17日(土)14時~
会場・・小田原城址公園本丸広場ゾウ舎周辺
内容・・市民功労賞特別賞表彰、ウメ子とのお別れの歌、飼育員回想、献花など

情報は小田原市のホームページに載っていました。他にメッセージの展示や「ありがとう、ウメ子さん」特別展なども行うそうです。是非参加したいと思っています。

Re: No title

タイさん、ウメ子さんのお別れ会の日時をお知らせくださり、ありがとうございました!早速、Upさせていただきました。Mayaもぜひとも参加する予定です。

インドネシアのプランテーションの写真は本当にショッキングでしたね。BCTの理事の一人でもある加藤登紀子さんが、「走っても、走っても、ずっとプランテーション。東京―名古屋間くらいの距離が油ヤシだった」、と講演会の時にお話していました。犠牲になっているオランやゾウのことを考えると落ち込みますが、まずは何が起こっているのか、原因は何なのか”知ること”が大切ですよね。
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。