スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の1冊: 「星の子モーシャ 義足をつけた子ゾウの絵日記」

morsha

地雷を踏んで右前脚を失い、世界で初めて義足をつけた子ゾウのドキュメンタリーがNHKで放映されたことを覚えていらっしゃるでしょうか?

その「星の子モーシャ」の絵日記が本として出版されました。

モーシャを妹のように可愛がる、新米獣医のクアトーンさんがつけていた絵日記で、クアトーンさんのナレーションとともに番組中にも挿入されていました。

素朴なタッチで愛情に溢れたイラストとともに、モーシャのおしゃべりも吹き出しに入っています。

ページをめくっていると、モーシャの言葉が本当にクアトーンさんには聞こえたのかもしれない、って感じさせてくれる可愛さ。

絵日記の最後には、モーシャの写真と共に世界唯一のゾウ専門病院について紹介されています。

また、森林伐採が禁止されたことで、ゾウとゾウ使いが仕事を失ったこと。その一部は生活のために都会で物乞いをしていること。なぜ、地雷を踏むゾウさんがいるのか、などの解説もされています。

脚を失い、お母さんと離ればなれになっても頑張って生きる小さいモーシャは、今年の11月でやっと4歳になるそう。

子供だけでなく、大人にもおすすめです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。