スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラについて考えよう(下): トラの逆襲―トラの生息数は回復するか?

今日はスマトラトラの生息数や保護についての記事(2008年12月8日付英インディペンデント紙)の概要を紹介します。

1世紀前、野生のトラの生息数は10万頭いたとされていますが、現在は4千頭しか生存していないといわれていました。そして、2007年末に発表された研究者の調査結果により、サブコンチネント(インド、スリランカ、パキスタン)全体では僅か1,411頭しか生存していないことが判明しました。この結果を受けたインド野生動物保護団体は衝撃を受け、世界にも波紋を呼びました。

インドにおける野生トラの保護プロジェクトは1973年から行われてきましたが、生息数は年々、減少の一途をたどっていました。原因は森林伐採による生息地の縮小と、毛皮や漢方薬目当ての密猟者による乱獲が規制しきれていなかったことにあります。プロジェクトは特にスリランカやインド、ラジャスタン地方のトラを増加させることが目的で発足したものでした。

今回の結果を受け、インド政府は改めて保護活動の強化を行うことにしました。新たに発足する国立トラ保護局には9千500ポンドの予算が投入されます。5年計画で行われるこの活動は野生動物犯罪事務局とトラ保護部隊が手を組んだことにより強化されます。このようにインド政府関係の研究者と環境保護団体が合意に至ることは初めてだそうです。

また、ネパールなどでは地域住民に野生動物が生息する森を維持することが、自分たちへの価値にもつながることを理解してもらい、現在では1,500以上のコミュニティユーザーフォレストのグループが森を整備しています。チベットでは儀式用ローブにトラの毛皮が使用されますが、ダライラマの呼びかけにより、需要が抑えられました。米国人生物学者のラビノヴィッツ博士はビルマ、タイ、ラオスなどトラの住む森の汚染地域を特定し、野生トラの増加計画をどのように行ったらよいかを明確にしました。博士はたとえ生息地が5%しか残されていなくても、2万頭のトラの支援は可能と述べています。

人口密度が高く貧しい地方の人々を支援し、彼らのニーズを尊重すること、そしてトラのことを良く理解することがトラの保護につながる、と野生ビックキャットの観察を20年以上続けてきた脚本家のスディーブン・ミルズ氏は述べています。

以下、Mayaからの補足

トラは全部で8亜種いましたが、うち、3亜種はすでに絶滅しました。

生存亜種:
ベンガルトラ(生息地:インド)
アムールトラ(シベリアトラ)(生息地:ロシア沿海、アムール川流域、極東ロシアの森)
アモイトラ(生息地:中国華南地方)
マレートラ(インドシナトラ)(生息地:インドシナ半島、マレー半島)
スマトラトラ(インドネシアのスマトラ島)

絶滅亜種:
カスピトラ(生息地:中央アジア地方、カスピ海沿岸周辺部)
バリトラ(生息地:インドネシアのバリ島)
ジャワトラ(生息地:インドネシアのジャワ島)

この記事の詳細はこちらから。
↓↓
http://www.independent.co.uk/environment/nature/tiger-tiger-fighting-back-1056652.html

絶滅危惧種の動物についてもっと知りたい方はこちらから。[JWCS]ワイルドライフニュースのHPです。
↓↓
http://wildlife.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_e0fa.html

アモイトラ発見についての記事はこちらから。
↓↓
http://blog.zukan.net/blog/2007/10/22-post_932.php

トラの種類についてはこちらから。
↓↓
http://www.k5.dion.ne.jp/~aoiryu/page022.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。