スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mジャクソンの隠れたビッグ・ヒットは死にゆくゾウや地球へのアンセムソング

先週のマイケル・ジャクソン死亡のニュースにショックを受けている方が大勢いらっしゃると思います。(Mayaを含め)彼のファンでなくとも、お化けみたいなセールスを記録したスリラーやビリー・ジーンを何度も耳にしたことと思います。

実はマイケルにはその2曲以上に(英国で)売れた曲があります。シングルカットされた国は英国のみ。しかし、その曲はミリオンセラーヒットとなり、チャートには6週間連続ナンバーワンを記録しました。

「大げさな部分が鼻につきすぎる」、とも言われているようですが、これは極めて稀なヒットでもあります。

実は、過去数10年、環境問題に対しパワフルなメッセージを持つヒット曲はたくさんありました。ジョニ・ミッチェルのイエロー・タクシー、マーヴィン・ゲイのマーシー・マーシー・ミー、ピクシーズのモンキー・ゴーズ・トゥ・ヘヴンなど、リスナーの環境に対する考え方に影響を与えてきました。

しかし、以上のどれをとってもマイケル・ジャクソンの「アース・ソング」に匹敵するような大ヒットには至っていません。

米国ではシングルカットされなかったにも関わらず、コンサートではクライマックスを飾る曲だったそうです。大勢の子供たちをステージに上げ、コーラスにするという演出も組み込まれ、とても盛り上がったそうです。

彼自身がこの曲について語っていますので、簡単にご紹介しましょう。

「アース・ソングはオーストリアのツアー中、突然、ひらめいてホテルの部屋で書いた曲。人間が地球に対して犯している過ちを埋め合わせるため、自然は困難を課せられている。環境がアンバランスな状況になるにつれ、多くの問題が発生する。地球は傷つき、苦しんでいることを僕は感じていた。」

「これは“地球の歌”。僕が地球の声をみんなに聞いてもらう機会でもある。また、曲がヒットし、ビデオを繰り返し見てもらうことで、少なくともマイケル・ファンへは問題提議の火付け役となるのでは。」

ここからはMayaの言葉です。

アース・ソングのようなメッセージ性の強い曲をヒットさせ、(虐待疑惑があるにせよ)子供たちや動物たちを愛したマイケル。

でも、整形手術を繰り返し、太ることを恐れたため、食べ物をほとんど口にせず、死亡時の胃の中には溶けかけた薬しかなかったなんて悲しすぎます・・・。

この記事のオリジナル原文は以下をどうぞ。ゾウなどの動物も登場するビデオもここからご覧いただけます。
↓↓
http://www.guardian.co.uk/environment/blog/2009/jun/26/michael-jackson-earth-song

ところで、マイケルが可愛がっていたチンパンジーのバブルス君。一緒に来日したときはビックリ!でしたね。彼は研究所(実験用)から引き取られたと言われています。

大人になったバブルスとお別れした後、悲しみのあまりマイケルが自殺未遂した?との噂もあったようですが、現在、彼はリタイヤメント施設でのんびり暮らしており、マイケルもたびたび彼を訪ねていたそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。