スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎天下でのゾウの餌刈り

Elephant Homeのゾウたちが食べているのは、さとうきびやバナナなど。でも、もちろんそれだけではありません。

DSCF1652.jpg

ここで毎朝、欠かせない仕事。
それは草を大量に刈りに行くこと。
というわけで、とうもろこしや青草を近郊の畑まで刈りにやって来ました。

DSCF1597.jpg

このトラックの荷台をいっぱいにして、ようやく約10頭分のゾウの夜食になります。

DSCF1768.jpg

この草、決して機械で刈るわけではありませんよ。

カマでざくざく。
ヒトの手で。

トラックに積み上げていきます。

DSCF1607.jpg

1本だけなら軽いとうもろこしも大量になるとかなりの重量に。

でも、そこは子供のころから重労働に慣れている人たち。
細くて小柄な体なのに、バランスを崩すことなく器用に運ぶ・・・

すごいです!

DSCF1765.jpg

今日はほとんど枯れモロコシばかりなので、奥の青草を刈ろうと言われて。

で、一緒に作業をしていたイギリス人に、向こうで蜂の巣を見つけたよ~、と言われ。

DSCF1769.jpg

え~、面白そう~♪ と思って
のこのこついて行ったら・・・

刺された!

痛いし、何かしなくて大丈夫~?とゾウ使い君に聞いたら・・・

僕なんか子供のころしょっちゅう刺されてたけど、何ともないよ。気になるんだったらなめときな、

だって(笑)。

午前中いっぱい黙々と続けられるこの地道な作業。
もう半分、このトラックをいっぱいにせねば帰れません。
お腹を空かしたゾウたちが待っている~。

DSCF1771.jpg

炎天下に毎日、午前中いっぱい行われるこの作業。
これだけのためにゾウ使いをさらに3人雇ったそうです。

刈られた草は夜、それぞれのゾウに配られます。

DSCF1780.jpg

これだけ見てもキャンプの仕事は超ハード。
そして、何もない山の中で何でもできちゃうゾウ使い。
ホワイトカラーが主流になった日本人はとてもかないません。

(続く)
スポンサーサイト

お知らせ:勝浦ぞうの楽園、開園します

エレファント・ホーム報告の途中ですが、お知らせを。

明日から市原ぞうの国の別施設、勝浦ゾウの楽園が4日間だけ、開園します。

開園日:2012年7月6日(金)、7日(土)、8日(日)、9日(月)
開園時間:10:00~15:00

休暇を取るゾウさんはミニスター。
夏休みになると、サッカーのエース、ミニスターは大忙しだから、今のうちにリラックスですね(笑)。

詳しくはこちらを。
↓↓
勝浦ぞうの楽園・一般開園のお知らせ

もともと、動物園で暮らすゾウたちのリゾート施設、老ゾウ施設として作られた場所。

山道を散歩するゾウと一緒に歩いたりできる施設は日本でここだけということもあり、来園者は筋鐘入りばかり(笑)。

でも、よく知らない人も一度行ったらその自然環境の素晴らしさと、ゾウ使いを乗せて、デコボコの山道を自由に歩き回るゾウの姿に感動すること間違いなし!です。

久しぶりに行きたくなってきた~☆☆☆
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。