スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由でのびのび!「Elephants World」の犬たち

「Elephants World」に限らず、タイのゾウキャンプは犬や猫にとって暮らしやすい環境です。今日は彼らがどんな関係を作りながら生活しているのか、ちらっと覗いてみましょう。

おなじみ、人間のような犬モーモーさまの朝の一コマ。お腹の虫刺され対策にと前日、Satochaang、JipJipさんと一緒に洗ってピカピカになばかりだったのに・・・。雨降り後の野原を走り回ってすでにドロドロ。


RIMG1016.jpg
画像提供:JipJipさん

この子はジンジョー(メス、タイ語でカンガルーの意味)。名付け親はSatochaangですが、欧米人からはドビーと呼ばれ、タイ人からはまた別の名前で呼ばれています。

R0010747.jpg

ワクチン注射をすぐしなかったためジンジョーには生まれつき障害があり、下半身が常に痙攣しています。でも、いつも元気に他の仲間とじゃれあっています。

R0010761.jpg

中でもタイガー(オス、トラ模様だから)はジンジョーが大好き。私たちの手足もタイガーは挨拶代わりに必ずなめますが、大好きなジンジョーには格別です。


RIMG0878.jpg
画像提供:JipJipさん

見よ、恍惚状態のタイガーを・・・。

RIMG0879.jpg
画像提供:JipJipさん

で、ジンジョーはベンベン(メス)を慕っていますが・・・

R0010608.jpg

ついついひつこくなるジンジョーをちょっとウザったく思っているベンベン。

性格はめんどくさがり屋であまり動かないため、ちょっと太目。去年、子犬を10匹生んだそうです。父親はモーモーではないかという噂。

R0010767.jpg

(次回に続く・・・)

★「タイ語で寝言を言う犬?」に拍手書き込みしてくださった方へ★
コメントに長いこと気づかず、ごめんなさい!
そして、ありがとうございます!!
はな子さんのお祝いなどでお話したことがありますよ~。
これに懲りずにこれからもよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

アジアゾウ はな子さん64歳のお誕生会

タイゾウの旅の連載はまだ続きますが、ちょっとお休み。
今日はアジアゾウはな子さん64回目(推定)のお誕生会の様子をお伝えします。

1月29日に行われた毎年恒例のお誕生会。
年を追う度に人が増えてくるような気がします。

DSCF1104.jpg

寒かったけど、空気の澄んだ美しい日曜日。
人の多さにびっくりしつつも、陽だまりで気持ちよさそうなはな子さん。

DSCF1029.jpg

「足の裏のお手入れをお願いしまーす」、なんて言っているんでしょうか。

DSCF1037.jpg

ケーキタイムの前に、クイズが行われました。
はな子は1日に何本バナナを食べるのか?のほか、ウエストのサイズは?
ちょっと嫌がって逃げていますが、難なく計測に成功。
確か、4メートルくらい。

DSCF1060.jpg

次にはな子さんの遊び道具の紹介です。
時々、この重いタイヤをくわえたりして遊ぶそうです。

DSCF1067.jpg

お待ちかねのケーキタイムです。
来園者にケーキを見てもらうために移動する飼育員さんたちの後を、「早くくださいな」、と右に左にくっついて歩くはな子さん。

DSCF1084.jpg

食パンの土台にサツマイモクリームのケーキ。
ゆっくりと、美味しそうに食べていますね~。

DSCF1093.jpg

時々、朝一でロープを引いて鳴らすことがあるというベル。
ご用の時はこのベルで・・・なんて・・・ね。

DSCF1106.jpg

先着300名の記念品をGETできるか??
・・・できました。
今年は手ぬぐい。美大卒の職員さんのデザインだそうです。
園の封筒やはな子イベントのチラシなど、デザインがとっても素敵なのです。

DSCF1111.jpg

これだけの物を毎年、準備する園もすごいなあ、と思います。
TZVボランティアによる折り紙のゾウも可愛かったです。

今年もどれだけはな子さんが愛され、大切にされているかを感じるお誕生会でした。

TV局のインタビューに答えていた飼育員の山川さんが、「幸せかといったら、はな子は幸せではないだろう。でも、この限られた環境の中で可能な限り幸せだと感じてもらえるようにするのが仕事だ」、とおっしゃっていました。

ドキュメンタリー映画 「いのちの林檎」

化学物質過敏症患者の母子と、青森りんご農家の木村秋則さんの無農薬りんごをテーマにしたドキュメンタリー映画、「いのちの林檎」が各地の小ホールを回り、今、話題になっているようです。

内容は・・・

早苗さんは、重度のCS患者。
居住空間や場所を選ぶため、同じくCS患者である母と共に放浪生活を余儀なくされ、身に着ける衣類、口にする食べ物も限定しないと生きていかれません。

木村秋則さんは、10年以上の努力の末、世界で初めて無農薬無肥料のりんご栽培を成功させました。

そして、この「りんご」が2人の人生を繋ぐ・・・

というもの。

予告画像をYouTubeで観ましたが、この病気についてよく知らない人は、「なんて大げさな、ウソだろ~!!」、「本当にそんな人たちがいるの?演出じゃない?」、と思ってしまうかもしれません。

Mayaも中度のCS患者ですが、自分の身に降りかかるまではどんな病気なのかよく知りませんでした。

風邪も滅多にひかないし、アレルギーも免疫機能も問題のない身体だったし、まさか自分が?って感じです。

監督は、藤澤勇夫さんという方。どんな思いでこの映画を作ろうと思ったのでしょうか。

CSは決して特別な病気でなく、大量の化学物質や電磁波にさらされながら生活をしている私たち全員がいつ暴露してもおかしくないものです。

患者は一見、元気に見えるし、しっかりしていて健康な人と変わりはありません。でも・・・

自律神経を狂わせる中毒症の病気のため、わけのわからない複雑な症状がたくさん現れます。

楽しい映画とは言えない上、感情移入しそうで怖いけど、今月中に母と2人で観てこようと思っています。

ポスター(PDF)
↓↓
表 http://greenz.jp/main/wp-content/uploads/2010/10/ringoOmoSH02.pdf
裏 http://greenz.jp/main/wp-content/uploads/2010/10/ringoUraSH02.pdf

第4回ゾウオロジー2011が開催されます

「第4回ゾウオロジー2011」が開催されます。

日時: 2011年2月6日(日)13:00~16:00(受付は12:30から)
場所: 上野動物園 動物園ホール

ゾウが好きでゾウについてもっと知りたい・・・
動物園関係者や研究者のお話を聞きたい・・・
そんなアナタにぴったりな講演会も4回目を迎えました。

講演内容の詳細はこちらをどうぞ。
↓↓
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=&link_num=17077
プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。