スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアゾウ「ウメ子さん」の命日の後で

ちょうどタイへ出発する数日前の9月17日は、昨年亡くなった小田原城のウメ子さんの命日でした。残念ながらMayaは訪ねることはできませんでしたが、その日、ウメ子さんの家を訪ねたゾウ友達からちょっとだけお話を聞くことができました。

お城の横に建っているレトロなゾウ舎。

戦後、母ゾウから引き離され、海を渡ってやってきたゾウの象徴であり、ウメ子さんがほとんどの人生を過ごした「お家」ついては、Maya以外にも残してほしい、と思っている人は多いと思います。

実際、ウメ子さんに親しんだ子供たちがゾウ舎取り壊しをやめてほしい、との署名を小田原市役所に提出したらしいのですが、受理してもらえなかったそうです。残念だと言うより悔しいという思いが込み上げてきます。

あの場所にウメ子さんがまだいるような「気配」を感じている人も多いのではないでしょうか?

あの場所がなくなったらウメ子さんの行くところが無くなってしまうような、そんな気がする人もいるのではないでしょうか?

9月25日に開催された「第4回小田原映画祭シネマトピア2010」では、ウメ子さんの歌が披露されたほか、「小田原城のウメ子さん~ファンが残してくれた宝物」が上映されたそうです。
↓↓
http://news-online.jp/archive.php?category=7

スポンサーサイト

ぞうさんと海水浴2010

8月のはじめ、千葉の勝浦海中公園にゾウが2頭、海水浴のため、やってきました。

「市原ぞうの国」による毎年恒例イベントの今年の主役はミッキーとゆめ花★

Swm1.jpg

3歳のゆめ花の海水浴デビューは去年の夏。今年は海にもすっかり慣れ、大はしゃぎでした。

swim6.jpg

おやつをもらったり・・・

swim2.jpg

水をかけてもらったり・・・

swim3.jpg

芸達者でお利口さんなゆめ花もこうしてみるとまだまだチビっ子。

swim7a.jpg

常に甘えてくっついて回るゆめ花の面倒を、ミッキーはとてもよく見ていました。ふだんは大きなゾウを見上げることばかりですが、これはなかなか見ることができませんよね。スリムなミッキーですが、こうして見ると首も太くてがっちり。

swim4.jpg

今年、ゆめ花はTシャツに3回お絵かきをしました。季節にちなんだひまわりなどのほか、最後は世界でただ一つ、そしてゾウ初!「ウミ」の完成★

swim5.jpg

言わずと知れたタレントゾウのミッキーが、私たち周りに集まる人をも思いやる行動はともかく、ゆめ花の聞き分けの良さには本当に感心させられました。

朝から楽しく遊んだゆめ花が、唯一、ダダをこねたのが、最後にトラックに乗り込む時。

「帰りたくないよ~!まだ、遊んでたいんだもん!」

人間の子供とまったく同じ反応を見て、ますますゾウが好きになりました。

大きなゾウが自然の中でのびのび遊び、そこにお邪魔できるこの幸せ。まさに美しい1日。療養中であることもすっかり忘れ元気いっぱいのMayaに、友達もゾウさんパワーにただただ感心。

ミッキー、ゆめ、いつもありがとうね!いつかあなたたち仲間に恩返しできるように頑張るからね!

「日本平動物園」アジアゾウ、ダンボの幸せタイム

6月以降、のんびりUPしているこのブログ。なんと、もう8月になってしまいました。

体調が元に戻るまではまだ時間がかかりそうですが、いろいろな方から暖かい言葉をいただきとても励まされています。ありがとうございます☆

さて、今日の本題。

動物園などでゾウを眺めていると、よくいろいろなところに体をこすりつけている光景を目にすることがあります。

D1.jpg

かゆい・・・鼻(上唇)の裏が・・・

D2.jpg

お~、気持ちいい♪

D3.jpg

お尻やお腹、脚もよくこすりつけて掻いていますが、なんとも自然に笑みを誘うこの姿、大好きです。

ところで、タイ語のニックネームをお持ちの方からも暖かいコメントをいただきました。肩の力の力が抜けました。この場でお礼をさせていただきます。いつもありがとうございます☆ 

忘れてしまう大切なこと

毎日、狂ったような暑さが続いていますが、いかがお過ごしですか?
動物たちにも過酷な毎日ですよね~。

療養生活に入り、ヨガやルーシーダットン(タイ式ヨガ)を取り入れながらの運動効果もあってか、だいぶ気力が戻ってきたような気がします。集中力も少しづつ持続するようになってきたし。

でも、でも・・・

神経や目はまだまだ疲れやすく普通の状態ではないようです。

急に元気が出てきたと思ったら、その翌日には沈んだり、今までできていたことが簡単にできなくて悲しくなったり。

でも、一番、情けないのは、

Mayaを心配してくれる大切な人から厳しいことを言われると、「その通り、頑張らなきゃ、なんとかしなきゃ」、ってわかっていながら、イライラしてムキになってしまうことです。

自分を大切に思ってくれる人は、厳しいけれど他の誰にもできないことをたくさん与えてくれる。でも、当たり前になるとその人に対する思いやりや感謝の気持ちを忘れて、ついわがままになってしまう・・・。

皆さんも同じ経験はありませんか?

一生にただ出会う人の数は星の数ほど。

でも、その中で深い縁があり自分を心から気にかけてくれ、大切に思ってくれる人との出会いは一体、どれくらいあるでしょうか・・・?

なんだかしんみりしてしまったので、気分を変えましょう。

今日は「日本平動物園」のダンボとシャンティの様子をUpします。

2頭の識別が書かれたボード。写真が小さくて見にくいかな。

DS1.jpg

もうどっちが誰だかわかりましたよね?
そう、左がダンボで右がシャンティ。

DS2.jpg

猛暑だった今日も2頭、仲よく水浴びを楽しんだことでしょう♪

DS3.jpg

2頭はケンカすることないのかな?
この動物園でたった2頭のアジアゾウ。いつまでも仲良く暮らしてほしいです。

「市原ぞうの国」、再び

先日、ゾウさんたちに会いたくて、またまた「市原ぞうの国」に行ってきました。

ゾウさんたちだけでなく、他の動物たちの近況も気になりますが、やはり一番の楽しみはゆめ花ちゃん。会うたびに芸達者な子ゾウになっていてびっくりします。

「パオパオ物知り館」に、ゆめ花ちゃんが今まで練習してきた絵が展示されていました。

そこでウケたのが、”いか”。
何で”いか”なの?
”ゆめか”と自分の名前をひらがなで書く練習の経過なのかな?
”いか”の方が簡単ですものね。

ymj1

サンディの横には、ゆめ画伯による6月の作品。
そう、あじさいです。

ymj5

でも、ゆめ花ちゃんはまだ3歳。
人間の3歳児だって、お絵かきに集中するのは大変なこと。
ゆめちゃんはどうなのかな?
やっぱり、途中でちょっと飽きてました(笑)。
かわいい足に注目!
そういえば、マミーもよくショーの途中でふらふら動いては、ゾウ使いさんに注意されていたなあ。

ymj3

ついに、ゾウさんの水まきもデビュー。後ろ足が上がってしまうところがこれまたかわいいです。

ymj2

タイミングが悪くて逆光になってしまいましたが、ショーの帰りはゾウ使いさんを乗せていました。まだちょっと重そう。でも、がんばって地面を踏みしめ歩く姿に思わず声援を送りたくなります。

ymj4

ところで、フサオマキザルのマイクがいなくなってしまい悲しいです。格子の端から橋を飛び跳ねるマイクに、にんじんを小さくちぎってあげるのが楽しみだったのに・・・。マイク、いつも幸せをくれてありがとう。安らかに・・・。


プロフィール

mayani

Author:mayani
こんにちは!
Maya(Mayani)です。
「世界の動物ニュース」へようこそ!

動物行動学や環境問題。世界は興味深いニュースであふれています。日本には伝わってきにくい情報。そして、動物や自然を通して感じていることなど。実体験を交えて伝えたい。

どんな動物でも好き。
でもMayaを夢中にさせているのはゾウ★
結果、ゾウの話題が多いのがMayaの「世界の動物ニュース」です。

どうぞ、お楽しみください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
リンク
ゾウ・動物関連の本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。